作法にのっとり、礼儀正しく書かれた年賀状が
新年の元旦に届くのは、気持ちの良いものです。

自分だけに宛てた手書きのひと言が書かれていたら、
受け取り手もいっそう嬉しさが増すのではないでしょか。

年賀状は、枚数が多いと準備も大変ですが、
今は年賀状作成ソフトなども出回っているので、
それらを利用して早めに準備を始めてみましょう。

賀詞の書き方や、どんなあいさつ文を用いたらよいか迷うときは、
基本となる例文を参考にして自分なりの年賀状を作ってみてください。

スポンサーリンク

年賀はがきについて

年賀状には、
一般的に、日本郵便株式会社発行の
お年玉付き年賀はがきを使用します。

年賀はがき以外の私製はがきを使う際には、
必ず切手の下に「年賀」と朱記します。

「年賀」と朱記されていない場合、一般郵便物とみなされ
年内に配達されてしまいますので注意が必要です。

年賀切手も販売されていますので、
私製はがきを利用する場合は
年賀切手の使用をおすすめします。

年賀状の書き方の基本

年賀状には、何をどの順番で書けば良いか
基本的な年賀状の書き方を知りましょう。

年賀状を書くときの流れ 

一般的に、年賀状は次のような項目が順番に並んで構成されています。

・文頭に「謹賀新年」などの賀詞を大きめに書きます。       
・無事の越年を喜ぶ言葉・日頃のお付き合いへの感謝・近況報告などを簡潔に書きます。       
・今後の指導や変わらぬ親交を願います。        
・相手の健康・幸福や繁栄を祈ります。        
・日付は年号から書きます。西暦でもかまいません。
・ひと言の添え書きは、小さめの字で短くまとめましょう。

年賀状に入れる新年の基本的「賀詞」とは?

賀詞とは、年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉のことです。

賀詞には多様な種類があり、意味もそれぞれ異なるため、
年賀状を送る相手に合わせて正しく使うことが大切です。

「寿」 「迎春」など、漢字一文字・二文字の賀詞は、
簡略化されたものであり、目上の人から目下の人へ、
新年を祝う意味で使われることが多いようなので注意しましょう。

目上の人への年賀状には、つつしんだ気持ちや
へりくだった意味の文字・言葉を含んだ四文字の
賀詞や文章の新年の賀詞を用いて書きましょう。

目上の方に用いる基本的な賀詞

「謹賀新年」
「謹賀新春」
「恭賀新年」
「敬頌新禧」
「謹んで新年のお慶びを申し上げます」

目下の人に用いる基本的な賀詞

「寿」「賀」「春」「禧」
「賀正」「賀春」「頌春」「迎春」
「慶春」「寿春」「初春」「新春」

親しい人に用いる基本的な賀詞

「あけましておめでとう」
「Happy New Year」

親しい人に用いる基本的な賀詞

「明けましておめでとうございます」
「謹んで新年をお祝いします」
「新年おめでとうございます」
「新春のお慶びを申し上げます」
「謹んで初春のお慶びを申し上げます」
「謹んで新年のご祝詞を申し上げます」

賀詞の意味

漢字1文字の賀詞

・寿 :めでたい、祝う
・賀 :祝う、よろこぶ
・福 :幸せ、ねぎらう
・禧 :よろこぶ
・春 :新年、年のはじまり
・吉 :めでたい、縁起が良い
・和 :なごむ、なごやか
・安 :やすらぐ
・慶 :よろこぶ

漢字2文字の賀詞

・賀寿 : 長寿を祝う
・賀正 : 正月を祝う
・寿春 : 新年(初春)を祝う
・新禧 : 新年をよろこぶ
・迎春 : 新春(新年)を迎える
・慶春 : 新年(初春)をよろこぶ
・頌春 : 新年(初春)をたたえる
・慶賀 : よろこび祝う

漢字4文字の賀詞

・謹賀新年: 謹んで新年をお祝い申し上げます
・謹賀新春 : 謹んで新しい年をお祝い申し上げます
・恭賀新年 : 恭しく新年をお祝い申し上げます
・恭賀新春 :うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます
・慶賀光春 : 輝かしい新年のお喜びを申し上げます

賀詞に続けて添える書き方の文章例

新年を祝う気持ちを伝える年賀状として、
相手の健康や発展を願う部分は、本来の意味から最も重要な箇所です。

例文の書き方通りでなくとも、心のこもったひと言を送りましょう。

かわらぬお付き合いやご指導を願う文章の書き方

・本年もご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
・本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願いいたします。
・本年も一層のお引き立てのほど宜しくお願いいたします。
・本年も倍旧のご愛顧のほどひとえにお願い申しあげます

相手や相手の家族の健康、繁栄を願う文章の書き方

・皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
・皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
・皆様のご多幸と繁栄をお祈り申し上げます。
・御社のますますのご発展をご祈念申し上げます。
・貴社ますますのご発展と社員皆様のご活躍を祈念いたします。

※なお、年賀状は用件を伝える「手紙」ではないので、
賀詞とあいさつ文のみでまとめるようにしましょう。

年賀状で避けたい表現

年賀状の添え書きで、気を付けなくてはならないのが「忌み言葉」です。

忌み言葉とは、おめでたい場では
避けなければならない言葉のことを指します。

例をあげると、
「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」
「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」などです。

従って、
「別れる」「離れる」という意味を持つ
「去」を含む「去年」という言葉は使わず、
「昨年」「旧年」などと言い換えましょう。

賀詞の重複に関する注意

「新年あけましておめでとうございます」という言葉。

実は表現が重複しているのをご存じですか?

「あけまして」という言葉には
新年があけるという意味が含まれるため、
「新年」と「あけまして」が重複表現となってしまいます。

新年を使用する場合は
「新年おめでとうございます」という書き方でお使いください。

年賀状の投函時期

年賀郵便特別取扱は、12月15日から受付が始まります。

地域や地方の郵便事情にもよりますが、
12月25日までに投函すると元旦に届くと言われています。

一般的に年賀状は、元旦に届ける事が礼儀とされていますが、
1月2日の「書き初め」に書いて、松の内(1月7日)までに
年賀状が届けば失礼にはあたらないでしょう。

まとめ

この記事では、年賀状の基本的な書き方や
気を付けたいポイントをご紹介しました。

「賀詞や添えるメッセージを相手に合わせる」
「忌み言葉などの基本的なルールに気を付ける」、
主にこれらに気を付けて年賀状を書きましょう。

相手の立場や状況に合わせた適切な内容を考えることで、
相手の心に残る年賀状を送れると良いですね。