この記事では、
寒中見舞いに使えるはがきの書き方と例文を紹介します。

もともと寒中見舞いは、暑中見舞いと同じような季節の挨拶状でした。

しかし、
最近では、さまざまな理由で年賀状を出せなかった相手への
ご挨拶に、寒中見舞いのはがきを送ることが多くなっています。

例えば自分や相手が喪中の時や、
年賀状またはそのお返事が遅れてしまった時、
喪中と知らずに年賀状をくださった方がいた時などには、
黙ってそのままにせず寒中見舞いのはがきを出すようにしましょう。

マナーだからというだけでなく、寒中見舞いを出すことで
相手もこちらの近況がわかると安心するはずです。

この記事では、シーン別の書き方をご紹介します。

スポンサーリンク

寒中見舞いの書き方

寒中見舞いの意味

寒中見舞いとは、寒い時期に相手の安否を気遣い、
自分方の近況を報告するための季節の挨拶はがきです。

寒中見舞いの「寒中」とは二十四節気の
「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」にあたる期間です。

寒中に相手を見舞う書状なので寒中お見舞いとなります。

喪中や年賀状を書く時期を逃してしまった場合などには
年賀状の代わりとしてはがきを送ることも多いです。

寒中見舞いを出す時季

1月8日(松の内を過ぎて)~2月4日(立春頃)まで。

寒中見舞いのはがきを送る場合は、
「松の内」を過ぎてから出すのが一般的です。

松の内は、
多くの地域で1月7日までとするところが多いようですが、
地域によって異なり、関西では1月15日までとなっています。

もしも、立春を過ぎるまで寒中見舞いを出しそびれたり、
立春以降にごあいさつの必要があったりする場合は、
寒中見舞いではなく余寒見舞いとしてはがきを出すようにします。

余寒見舞いは寒さが続くうちに出すといわれ、
2月中くらいを目安にはがきを出し終えておくとよいでしょう。

寒中見舞いの使い方:構成例

1.もらった年賀状への返事:構成例

出していない人から年賀状が届いたら、
なるべく早く年賀状として返すのが理想ですが、帰省や旅行などで確認が遅れ、
返礼が松の内を過ぎてしまう場合は寒中見舞いとして出します。

親しい相手であれば形式にはそれほどこだわらなくてもよいですが、
一般的には以下のような要素を入れます。

【構成例】

1.寒中見舞いの言葉

2.先方の健康を喜ぶ言葉

3.年賀状へのお礼とお詫び

4.簡単な近況

5.締めの挨拶

2.喪中はがきへの返事:構成例

喪中はがきの返事は出さなくても失礼にはなりませんが、年始状か寒中見舞いを出すと丁寧です。

【構成例】

1.お見舞いの言葉

2.先方の健康を訪ねる言葉や時候の挨拶

3.故人を偲ぶ言葉や相手を思いやる言葉

4.締めの挨拶

3.喪中にもらった年賀状への返事:構成例

年賀の「賀」はおめでたい言葉なので使用を避け、
「年賀状」は「お年始状」や「年頭のご挨拶」といった表現に言い換えます。

「おめでとう」「お喜び」などの表現も使いません。
喪中はがきを出していなければ、その旨を詫びます。

【構成例】

1.寒中見舞いの言葉

2.年賀状へのお礼

3.喪中のお知らせ

4.喪中はがきを出さなかったことへのお詫び

5.締めの挨拶

4.喪中と知らずに年賀状を出したときのお詫び:構成例

年賀状を出した相手から「年始状」が届いて相手の喪中を知った場合は、
年賀状送ってしまったことは失礼にはなりませんが、あらためてお詫びのはがきを送り
哀悼の意を伝えると印象がよいです。

もし、喪中はがきを受け取っていたのに、
うっかり出してしまった場合は寒中見舞いや手紙でその旨をお詫びします。

【構成例】

1.寒中見舞いの言葉

2.年始状を送ったことのお詫び

3.お悔みの言葉

4.締めの挨拶

寒中見舞いを書く時の注意点

「拝啓」などの頭語や、
「敬具」などの結語は不要です。

印刷はがきを使用する場合にも手書きで一筆添えると好印象。

相手方が喪中の場合、
賀詞やおめでたいとされる言葉は避けます。

また、年賀状を出し忘れた相手に送る場合、
「書き忘れた」という表現では不快にさせる場合もありますので、
お詫びの言葉を添える場合は言葉の使い方に十分注意しましょう。

寒中見舞いを書く時のマナー

年賀はがきを使用しない

喪中の寒中見舞いにしてはいけないことは、
年賀はがきを送ることです。

日本では慣習として、身内がなくなった相手方に対して年賀はがきをおくることは、
お祝いの気持ちを伝えることになるので、失礼にあたります。

例えば、年賀はがきなど少し多めに購入されることがあると思います。

余ってはもったいないので、
「寒中見舞い」などに回す方がいらっしゃいますが、非常に失礼なことになります。

「親しき仲にも礼儀あり」と、「年賀状」の使用は避けて、通常はがきで送りましょう。

寒中見舞いの書き方例文:もらった年賀状への返事

・寒中お見舞い申し上げます

春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですが
皆様お元気でお過ごしでしょうか

早々の年賀状有難うございました

新年のご挨拶遅れまして申し訳ありませんでした

年賀状から皆様のお元気そうな様子が伝わり なによりに存じます

お蔭様で私達も元気に過ごしております

本年も例年同様 

かわらぬご指導 ご鞭撻を賜りますよう よろしくお願い申し上げます

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします

 令和〇年 一月

・寒中お見舞い申し上げます

皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしとのこと
心よりお喜び申し上げます

丁寧なお年賀状をいただきながら
ご挨拶がおくれまして大変失礼いたしました

おかげさまで家族一同 元気に暮らしております

今年も変わらぬお付きあいのほど
どうぞよろしくお願いします

  令和〇年一月吉日

・寒中お見舞い申し上げます

厳しい寒さが続いておりますが 皆様いかがお過ごしでしょうか

おかげ様で 
私どもも変わりなく過ごしておりますので
他事ながらご安心くださいませ

余寒も厳しいようですが 
お風邪など召されませぬようご自愛ください

 令和○年 一月吉日

・寒中お伺い申し上げます

早々にご丁寧なお年賀をありがとうございました

厳しい寒さの日々が続いておりますが 
皆様ご健勝のご様子 何よりとお喜び申し上げます

私どももおかげ様で大過なく過ごしております

本年も例年と変わらぬお付き合いを お願い申し上げますとともに
幸福に満ちた一年となりますよう 心よりお祈りいたしております

  令和○年 一月吉日

寒中見舞いの書き方例文:喪中はがきへの返事

・寒中謹んでお見舞い申し上げます

服喪中のことと存じ 
年始のご挨拶は遠慮させていただきましたが いかがお過ごしでしょうか

ご家族の皆様はお力を落としのことと存じますが
お心を強くお持ちになってお過ごしください

今年は例年より厳しい寒さが続いておりますので
どうぞくれぐれもご自愛ください

 令和〇年一月

・寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中と存じ 年始のご挨拶はご遠慮させていただきましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか

私どもは元気に過ごしておりますので ご安心ください

〇〇様にはお世話になりながら
お返しもできないままお別れすることになってしまい
今はご冥福をお祈りするばかりでございます

厳寒の折から 皆様どうか御身大切にお過ごしください

 令和〇年一月

寒中見舞いの書き方例文:喪中にもらった年賀状への返事

・寒中お見舞い申し上げます

新年早々賀状をいただきありがとうございました

昨年○○月に父 ○○が八十八歳で永眠いたしましたので

新年のご挨拶は失礼させていただきました

時節柄ご自愛の程お願い申し上げます

 令和〇年 一月

・寒中お伺い申し上げます

早々にご丁寧なお年始状をいただきまして 
ありがとうございました

皆様にはお健やかに新年を迎えられたご様子 何よりと存じます

私方 昨年○月に母○○が急逝いたしましたため 
年末年始のご挨拶を遠慮させていただきました

服喪中のご通知が遅れましたことをお詫び申し上げますとともに
本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

令和〇年 一月

・寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました

昨年〇月に母が永眠し 年頭のご挨拶を控えさせていただきました

ご連絡が行き届かず 誠に失礼いたしました

今年も 変わらぬお付きあいのほど どうぞよろしくお願いします

  令和〇年一月

寒中見舞いの書き方例文:喪中の人に年賀状を出したお詫び

・寒中お見舞い申し上げます

このたびはご服喪中と存じ上げず
年始状を差し上げてしまい誠に失礼致しました

御母堂様の逝去を心よりお悔やみ申し上げます

ご日ごとに寒さが募る時期ですので
お体を大切にお過ごしください

 令和〇年一月

寒中見舞いの書き方例文:故人に年賀状が届いた場合

・寒中お伺い申し上げます

早々にご丁寧なお年始状をいただきましてありがとうございました

皆様には
お健やかに新年を迎えられたご様子 何よりと存じます

昨年○月に 父○○は急逝いたしました

ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます

父が生前に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに 
皆様の一層のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

 令和○年 一月

まとめ

この記事では、
寒中見舞いに使えるはがきの書き方と例文を紹介しました。

寒中見舞いのはがきは、
ご自身が喪中の場合、またお相手が喪中の場合、
どちらでも送ることができるため幅広い使い方ができます。

寒中見舞いでも、喪中にからむものだと、句読点は付けない!
という風に言われているのも事実です。

最近では気にしない方も増えてきましたが、
目上の方や年配の方には句読点を使用しないほうがよいでしょう。

句点のかわりに、
一文字空けるようにして読みやすくするか、
うまく改行をするなどして美しく書き入れることを心がけたいですね。