この記事では、親しい人に使える、
8月に咲く花の花言葉と、8月に咲く花を使った、
はがきや手紙の書き方と例文をご紹介します。

8月は花火大会や夏祭りなど夏のイベントが行われる一方、
お盆や終戦記念日がやってきます。

生命を巡る静と動のコントラストが際立つ8月。

二十四節気の季語のひとつ
「立秋(りっしゅう)」を迎えました。

「立つ秋」の文字通り、
8月8日から立冬前日までが暦の上では秋となります。

8月は、季節の挨拶状も「暑中見舞い」から「残暑見舞い」へ。

8月に送る残暑見舞いのはがきは、
処暑までに出すようにしましょう。

スポンサーリンク

8月生まれの誕生花と花言葉

花の名前と花言葉

月日花言葉
8月1日 浜木綿(はまゆう)純潔・汚れがない
8月2日鋸草(のこぎりそう)勇敢・効能
8月3日松葉牡丹(まつばぼたん)可憐・無邪気
8月4日トリトマあなたを想って心が痛む
8月5日布袋葵(ほていあおい)揺れる想い
8月6日ジニア(百日草)いつまでも変わらぬ心
8月7日向日葵(ひまわり)光輝・愛慕
8月8日クレオメあなたの容姿に酔う
8月9日花煙草(はなたばこ)ふれあい・秘密の恋
8月10日合歓の木(ねむのき)歓喜・繊繊細
8月11日縷紅草(るこうそう)常に愛らしい
8月12日ハイビスカス新しい恋
8月13日鷺草(さぎそう)夢でもあなたを想う
8月14日夾竹桃(きょうちくとう)友愛・強い力
8月15日おくら予想外の喜び
8月16日ブーゲンビレア私はあなたを信じます
8月17日ダツラ(朝鮮朝顔)あなたを酔わせる
8月18日ジキタリス隠されぬ恋
8月19日カンナ堅実な未来
8月20日撫子(なでしこ)無邪気・純愛
8月21日時計草(とけいそう)聖なる愛・聖なる力
8月22日アガパンサス愛の便り
8月23日月下美人(げっかびじん)ただ一度の恋
8月24日花魁草(おいらんそう)温和・協調・合意
8月25日檜扇(ひおうぎ)誠実・強い心
8月26日糸瓜(へちま)悠々自適
8月27日芙蓉(ふよう)富貴・繊細な美しさ
8月28日桔梗(ききょう)気高い・誠実な愛
8月29日鶏頭(けいとう)色あせぬ恋
8月30日リアトリス律儀・燃える想い
8月31日サルビア情熱・知恵・家庭の徳

*出典

著者名:  「北脇榮次」
書籍タイトル「誕生花 わたしの花 あなたの花」 
出版社名: 「株式会社いしずえ」

8月の花(向日葵・夾竹桃・桔梗)を使ったはがきの時候の挨拶

8月の季語で代表的な和風月名は「葉月(はづき)」。

旧暦8月の異称でもある季語の「葉月」の語源は、
葉が生い茂るという意味ではなく、散りはじめとなる
「葉落月(はおちづき)からの由来。

また、稲がふくらむようになる頃という
「張る月」が「葉月」に転じたとの説もあります。

8月23日からは
二十四節気の季語の「処暑(しょしょ)」。

「暑さがおさまる」という意味をもっています。

でも、日中はまだまだ厳しい暑さが続いています。

そんな8月の暑い時期にめげずに咲いている、
「向日葵(ひまわり)」や「夾竹桃(きょうちくとう)」

「桔梗(ききょう)。」などの花を使ってはがきを
書いてみられたらいかがでしょうか。

今回は、これらの8月に咲く花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

向日葵(ひまわり)を使った8月のはがきの時候の挨拶

向日葵(ひまわり)は、
北アメリカ原産で、観賞用に広く栽培されています。

夏から初秋に咲き、頭花が太陽を向いて動くことから
この名がありますが、実際には茎やつぼみの間だけで、
花が咲くとほとんど動きません。

日本への渡来は中国を経て、
寛永6年(1629年)に伝わりました。

向日葵(ひまわり)の花言葉

・「光輝」「愛慕」

向日葵(ひまわり)の俳句

・向日葵がすきで狂ひて死にし画家(高浜虚子)

向日葵(ひまわり)の花を使った8月の時候の挨拶:例文

夏の風物詩としてよく知られる花。

といえば、やはり向日葵(ひまわり)でしょうか?

この花に魅せられたゴッホは、
ひまわりの絵を13枚も描いたそうです。

太陽の下で黄金色の花を咲かせるひまわり。

英名も「サンフラワー」。

ものみな暑さのために打ちしおれる中で、
ひまわりだけが元気に咲き誇っています。

いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

この暑さは、まだまだ続きそうだと、
今朝のニュースで言っていました。

どうぞ、暑さにめげず、心楽しくゆったりと
お過ごし下さいますようお願い申し上げます。

夾竹桃(きょうちくとう)の花を使った8月のはがきの時候の挨拶

インド原産の夾竹桃(きょうちくとう)。

竹のような狭い葉と、桃のような美しい花という意の
中国名「夾竹桃」がそのまま和名になっています。

江戸末期に観賞用として渡来。

公害に強いので、
今では公園や街路樹によく使われています。

夾竹桃(きょうちくとう)の花言葉

・「友愛」「強い力」

夾竹桃(きょうちくとう)の花の俳句

・夾竹桃一枝折れて咲きゐたり(徳川夢声)

夾竹桃(きょうちくとう)の花を使った8月の時候の挨拶:例文

8月のうだるような暑さにも負けず、夾竹桃が、
今を盛りと花をつけて目を楽しませてくれています。

炎天のもと、濃い緑の葉と、紅(くれない)色が鮮やかで、
盛夏の中での咲きぶりは、暑さを忘れさせてくれる花です。

皆様、いかがお過ごしですか?

当方も皆、
息災に暮らしておりますのでご安心ください。

まだまだ厳しい暑さが続きます。

健康管理には、充分に気を配られ、和やかな日々を
お過ごしになりますよう心からお祈り申し上げます。

桔梗(ききょう)を使った8月のはがきの時候の挨拶

秋の七草の中の「朝がほの花」は、桔梗といわれ、
古くから親しまれている日本の秋を代表とする花です。

紙風船のような蕾が5弁に分かれ、
美しい青紫色の星のような花が咲きます。

英名はこの蕾の形から「バルーン・フラワー」。

桔梗(ききょう)の花言葉

・「気高い」 「誠実な愛」

桔梗(ききょう)の俳句

・きりきりしゃんとしてさく桔梗かな(一茶)

桔梗(ききょう)の花を使った8月の時候の挨拶:例文

長々と続いた猛暑が、
2日間ほどの雨でやっとひと息つきました。

皆様におかれましては、お変わりございませんか?

蝉の声も、涼風も、重く垂(た)れた稲穂も、
確実に季節の移り変わりを告げてくれています。

七草のひとつの桔梗も咲き始めました。

やっぱり昔から見た本来の色が一番美しいと思いますが、
桔梗だけではなく、最近の草花の変わりほど多様化には
全く驚いています。

盛夏の疲れの出やすい時節です。

ご無理などなさいませんよう、
くれぐれもご自愛下さいませ。

まとめ

この記事では、親しい人に使える、
8月に咲く花の花言葉と、8月に咲く花を使った、
はがきや手紙の書き方と例文をご紹介しました。

日中はまだまだ暑さがつづく8月ですが、
朝夕には夏の終りを予感させる涼しい風が。

夏至の頃にくらべると日の入りは40分ほど
早くなっているため日が短くなったなと感じる
ようにもなります。

8月のはがきの結びは、相手の居住地の状況や、
その年の8月の気温から季節感のある季語や
趣ある言葉をはがきに使って出しましょう。

avatar
よっちゃん
他の月の「花と花言葉」の記事一覧です。

・1月の花と花言葉

・2月の花と花言葉

・3月の花と花言葉

・4月の花と花言葉

・5月の花と花言葉

・6月の花と花言葉

・7月の花と花言葉

・8月の花と花言葉

・9月の花と花言葉

・10月の花と花言葉

・11月の花と花言葉

・12月の花と花言葉