親しい人に使える、9月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

9月は、
少しずつ夕暮れの時間が早くなり、秋の気配を感じる季節です。

稲穂が次第に首を垂(た)れ、いよいよ実りの秋が始まります。

9月は、山々も徐々に秋色を帯びて来る時期。

日ごとに涼しくなって来ますが、
日中はまだまだ暑い日が続くので、
朝夕との気温差があります。

9月に送るはがきには、
季節の切り替わりの中で、元気に咲いている花や、
季語を使用して出してみられたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

9月の時候の挨拶

・木々のこずえをわたる風にも涼気を覚える頃となりました。

・九月とはいえ残暑厳しく、涼風の待たれるこの頃でございます。

・台風一過の空がことのほか青く澄んで、心地よい秋日和となりました。

・空高くいわし雲がかかり、
 今日あたりはきれいな夕焼けが見られそうです。

・すがすがしい秋風の吹く頃となりましたが、
 いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

9月の時候の挨拶:結び

・吹く風も心地よい好季節、ますますご活躍ください。

・秋雨の季節、体調を崩されませんようご用心ください。

・夏の疲れが秋に出ると申します。どうかご自愛ください。

・季節の変わり目です。くれぐれも健康にはご注意ください。

・朝夕はしのぎやすくなりましたが、
 ご油断なさらずご自愛専一に願います。

9月の花(藤袴・風船葛・菊)を使ったはがきの時候の挨拶

9月は、すっきりとした青空に高い雲。

そして、「サ行」の実りの秋が始まります。

「秋刀魚(さんま)」「新米(しんまい)」「里芋(さといも)」
「薩摩芋(さつまいも)」「生姜(しょうが)「鯖(さば)」。

そして、ときおり吹いてくる秋の風が、
とても優しく心地よく感じられる9月。

辺り一面に広がる緑の稲穂と9月に咲く花々の美しさ。

そんな9月に咲いている、
「藤袴(ふじばかな)」や「風船葛(ふうせんかずら)」・「菊」の花々。

今回は、
これらの9月に咲く花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

藤袴(ふじばかな)の花を使った9月のはがきの時候の挨拶

藤袴(ふじばかな)は、秋の七草の一つです。

中国原産で日本には奈良時代に渡来しました。

藤袴(ふじばかな)の花は、
茎の先に淡い紅紫色の頭花をつけます。

頭花は、筒状で房状にまとまって咲きます。

開花時期:8月~9月。

生のままでは、さほど香りませんが、
半乾きにすると桜餅の葉に似た香りがします。

唐代の中国では、香料として重用されていました。

藤袴(ふじばかな)の花言葉

・「ためらい」「優しい思い出」

藤袴(ふじばかな)の花の俳句

・すがれゆく色を色とし藤袴 (稲畑汀子)

・藤袴白したそがれ野を出づる (三橋鷹女)

・藤袴手折りたる香を身のほとり (加藤三七子)

藤袴(ふじばかな)の花を使った9月の時候のはがきの挨拶:例文

9月に入ると、さすがに猛暑も収まって、
朝夕は、肌寒いほどになりました。

お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

秋の七草として、万葉の時代から親しまれてきた、
藤袴(ふじばかま)の花が庭で咲き始めました。

半乾きにすると、桜の葉のような芳香を放ち、
昔、中国では匂い袋にして身につけたとのこと。

桜餅の葉のような良い香りがするそうです。

先日の台風はいかがでしたか?

御地の被害をニュースで知り、
ご案じ申しております。

台風が素通りした夜明け、肌寒さに目が覚めました。

9月の秋の入口はとくに体調を崩しやすいので、
くれぐれも、ご無理をなさいませんように。

皆々様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

風船葛(ふうせんかずら)を使った9月の時候のはがきの挨拶

風船葛(ふうせんかずら)は、
北アメリカ原産のつる性の一年草です。

茎は細くつる状になって伸び、
他の木や生け垣、支柱などに絡(から)みつきます。

開花時期:7~9月。

葉腋(はわき)から細い花柄を伸ばし、
白い小さな花をまばらにつけます。

果実は3稜(りょう)のある淡い緑色の
紙風船のような形で、直径3センチほど。

花は目立ちませんが、風船形の果実が楽しくユーモラスな形です。

風船葛(ふうせんかずら)の、果実の中には、
白いハート形の模様のある黒い種が3個入っています。

風船葛(ふうせんかずら)の花言葉

・「自由な心」「あなたと飛び立ちたい」

風船葛(ふうせんかずら)の俳句

・にっこりと風船葛の種盗む (山尾玉藻)

・夢の夢また夢の風船かづらかな (小澤克己)

・風ぴたと止みて風船かづらかな (長谷川通子)

風船葛(ふうせんかずら)を使った9月の時候の挨拶:例文

厳しかった夏の日もやっと終わり、
実りの秋を迎える喜びに思いを馳(は)せています。

9月の透明な風吹く秋になりました。
お健やかにお過ごしでしょうか?

私どもも、お陰様で毎日元気に暮らしております。

隣の家の生け垣に、つるを絡(から)ませて、
風船葛(ふうせんかずら)が咲いていました。

花は小さくて地味で目立たないのですが、
この風船のような形の果実の愛らしさは格別です。

この可愛い風船に入っている種も素敵でキュート。

黒い玉に白いハート模様が、
まるでお猿さんの顔のように見えてしまいます。

風船葛(ふうせんかずら)の淡い緑色も涼しげで、
9月の秋の風に優しく揺れる様子は、心が和(やわ)らぎます。

夕方になると涼しい風が吹くようになりました。

優しい秋の幸せがあなたの心に届きますように。

9月は季節の変わり目です。
お疲れを出されませんよう、くれぐれもご用心ください。

菊の花を使った9月のはがきの時候の挨拶菊は桜と並び、日本を代表する花のひとつ。

奈良時代の初め頃、中国から渡来。

中国では、
旧暦9月9日の重陽(ちょうよう)の節句には、
菊の花を使った菊酒を飲んで長寿を願いました。

この風習はのちに日本にも伝わってきました。

菊の花言葉

・「高貴」「高潔」

菊の花の俳句

・しらぎくの夕影ふくみそめしかな (久保田万太郎)

・直立の月下の菊を見て老いぬ (寺井谷子)

・白菊とわれ月光の底に冴ゆ (桂信子)

菊の花を使った9月の時候のはがきの挨拶:例文

朝夕は幾分凌(しの)ぎやすくなって参りました。

皆々様におかれましては、
お元気でご活躍のことと存じます。

明日は9月9日。

中国では、重陽の節句で不老長寿を願い、
菊酒を飲んで長寿を願ったとのこと。

日本では、供花のイメージが強い菊の花。

でも、最近では本当に色々な品種の菊や
色合いの花が出回り楽しませてくれています。

先日、
「クリサンセマム・モリフォリウム。」と書かれた、
舌を噛みそうな名前の菊の花が届きました。

「桑のような葉をもつ黄金の花」。という意味だそうです。

素敵な菊を、ありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます。

まずは、御礼かたがた、ご挨拶まで。

まとめ

春先に聞く「三寒四温」の言葉は、
寒い日とあたたかい日が入れ替わるように訪れる様をいいます。

いまは秋らしい涼しさを感じたかと思うと、また暑くなる日々で、
「三涼四暑」とでも言いたくなるような気候です。

夏と秋が、変わりばんこに遊びに来ているような今年の9月。

親しい人に、はがきを書くときは、
9月ならではの季語や花を使って、
書いてみられたらいかがでしょうか?

avatar
よっちゃん
他の月の「親しい人に出すはがきの挨拶と結び」の記事一覧です。

1月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・2月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・3月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・4月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・5月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・6月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・7月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・8月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・10月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・11月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・12月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び