コロナ感染はすでに2年近く猛威を振るい、
長期にわたる自粛生活が続いています。

またニュースなど多くの情報に翻弄され、
疎外感や孤立感、経済面など、生きることに不安を感じる人が増え、
まだまだ、社会全体が思い空気に包まれています。

このような、
コロナ禍の中で、どのような言葉で、
はがきや手紙を書いたらいいのか?と、
悩まれている方もいらっしゃると思います。

この記事では、
コロナ禍で使える書き出しの挨拶や、結びの言葉をご紹介します。

スポンサーリンク

コロナ禍で使える書き出しと結びの挨拶


はがきや手紙の書き出しには形式的な要素が多く、
書くのが難しいと感じるかもしれません。

しかし、形式さえ覚えれば型に従って簡単に書けるようになります。

この記事では、
コロナ禍で使える書き出しや挨拶の言葉をご紹介します。

前文とは

はがきの前文とは、主文で本題を伝える前に、
前置きとして述べられる挨拶のことです。

はがきの前文は、基本的には

1.「頭語」
2.「時候の挨拶」
3.「安否を尋ねる挨拶」
4.「お礼やお詫びの挨拶」

の4つの要素で構成されています。

しかし、
親しい人に宛てるはがきや手紙では、
前文を省略するケースもあります。

それぞれの要素の書き方を見ていきましょう。

頭語

頭語は、はがきや手紙の一番はじめにくる挨拶言葉です。

たとえば、人の家を訪れたときには、
いきなり中に入るのではなく、まず、
「ごめんください」などの挨拶で呼びかけます。

それと同様に、はがきや手紙を書くときには、
一般的に「拝啓(はいけい)」など、
独特の言葉をつかって挨拶をします。

(使用例)

頭語:「こんにちは」にあたる「拝啓」「謹啓」など
結語:「さようなら」にあたる「敬具」「謹言」など

頭語は、
はがきや手紙文の書き出し(前文)に書く言葉です。

結語

結語は、はがきや手紙の末尾を結ぶ言葉です。

また、頭語は結語(敬具や草々)とセットで使われ、
間違った組み合わせをしてしまうとマナー違反です。

コロナ禍の時候の挨拶と安否を尋ねる言葉

時候の挨拶は、季節の移り変わりや
差出人の心情を表現する部分です。

頭語のあとに一文字分スペースをとって、記入します。

時候の挨拶の言葉は、はがきや手紙を出す時期や、
そのときの気候によって使い分けなければなりません。

それぞれの月ごとに、季節感のこもった、
はがきの「時候の挨拶」を使ってくださいね。

関連記事

コロナ禍の時候の挨拶と安否を尋ねる言葉:例文1

・秋涼の候、

今冬は、季節性インフルエンザとコロナの同時流行が懸念され、
さらなる感染予防への配慮が必要となりそうです。

〇〇様はじめ皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

・未だ収束には至らない新型コロナウイルスの影響で、

社会環境も落ち着かない中で、


自然災害の猛威にも向き合わなければならない状況は、

心身ともにお疲れのことかと存じます。

・コロナ禍の生活が始まって早2年。

私たちも少しずつコロナ前の日常を取り戻して来ました。

皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

・炎暑の候、
新型コロナウィルスの「第7波」の感染が広がっています。

暑さだけでなく、感染予防への配慮が欠かせない日々が続いておりますが、
〇〇様はじめ皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

・猛暑の候、

コロナ感染が急拡大し、1日当たりの全国の新規感染者数は、
過去最多を更新し、先の見通しがつき辛い日が続いていますが、
皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

・炎天の候、

感染力の強いオミクロン株の変異系統「BA.5」の、
コロナウイルスの影響が懸念されますが、
皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。

・猛暑のみぎり、

新型コロナウィルスの「第7波」の感染急拡大が心配されています。

まだまだ暑さの強い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

・立秋の候、

まだまだ暑さの強い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。 

また、いまだコロナウイルスによる災禍の中、お体にお変わりございませんか。

・初冬の候、

貴社におかれましては未曽有の災禍とはいえ、
一致団結してこの難局に立ち向かわれていることと存じます。

コロナ禍でのお礼や感謝を伝える挨拶の言葉

コロナ禍でのお礼や感謝を伝える挨拶の言葉:例文1

前文の最後は、日ごろお世話になっていることのお礼や、
感謝の気持ち、お詫びを伝える挨拶の言葉で締めくくります。

・コロナ感染はすでに2年近く猛威を振るい、長期にわたる自粛生活、
またニュースなど多くの情報に翻弄され、疎外感や孤立感、経済面など、
生きることに不安を感じる人が増え、社会全体が重い空気に包まれました。

そのような環境にもかかわらず、
皆様方の大変な努力があってのことと心より感謝申し上げます。

・コロナ禍の中、医療関係者の皆様や配達業務をされている方々など、
自身の生活や家族のことをも二の次に、私達の為に休みなく、
従事してくださり、本当にありがとうございます。

・まだまだ、先が見えませんが、皆様のお陰で、私達も勇気を貰い、
感謝をして、withコロナ生活を賢明に過ごしていきます。


皆様の健康と幸せを祈っております。

・コロナ感染が急拡大の中、老人ホームなどリスクを抱えながら、
懸命に働いてる方々そして、その方々を陰で支えてる人たち。

本当にありがとうございます。

私たちにできることはとても簡単なことです。

毎日のうがい、手洗い、マスク、3 密を避ける。
どうか早くコロナが収まることを願います。

・高齢の母が入院中ですが、コロナで家族ですら病室にも入れません。

ただでさえ忙しい病院の仕事に加え、消毒や掃除、医療を超えた患者の
ケアをしてくださっている病院の皆さんを思うと感謝しかありません。

ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

・皆さんのがんばっている姿を子供達に伝えます。

ありがとうございます。

コロナ禍ではありますが、たまにはほっと一息休んでください。

・身をけずりながら、私たちの為に汗を流してくださり、感謝いたします。

皆様のがんばりで私たちが笑顔になれます。

本当にありがとうございます。

どうか早くコロナが収まることを願っています。

・いつもみんなのために働いてくださってありがとうございます。

自分も子育てをはじめて、大変さがよくわかりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

どうかご自身のことも大切に、これからも明るい未来のために、
お互いに頑張ってコロナを乗り切りましょう。

・いつも私たちのために命をかけてお仕事してくださり、
ご自身のご家族のことも、コロナウイルスのリスクを考えると
とても不安だと思います。

そのような中、みなさまのお陰で私達は生活することができ、
とても感謝しています。

コロナ禍を気遣う結びの言葉

コロナ禍を気遣う結びの言葉:例文1

ご不自由な状況かと存じますが、皆様とご家族のご無事を念じております。

このたびの災禍が早く終息し、お祈り申し上げご挨拶といたします。

コロナ感染の不安があると存じますが、くれぐれもご自愛ください。

まだまだ、先の見通しがつき辛い状況が続いていますが、
もうすぐ収束することを祈ってお互い元気に過ごしましょう。

このような状況ではありますが、
皆様には健やかにお過ごしになれますようお祈り致します。

先の見通しがつき辛い日が続きますが、寒さ厳しい歳末の時節柄、
何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。

先を見通しづらい状況ですが、いづれ収束すると思います。
皆さまも引き続き、ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

新型コロナの感染予防をしっかりして、今しばらくお互い気をつけていきましょう。

事態が一日も早く収束することを祈るばかりでございます。

自粛疲れがあるかと存じますが、お身体おいといくださいませ。

新型コロナウイルスの1日も早い終息をお祈りしています。

コロナ禍の折り、何かと不便の多いこの頃ですが、この状況が一日も早く解消され、
皆様のご健康が守られますよう心よりお祈り申し上げます。

楽しみをみつけながらコロナの日常をしっかりと過ごして行こうと思っています。
お互い感染予防に十分気をつけて、元気に乗り越えましょう。

コロナ禍を気遣う結びの言葉:例文2

・コロナは永遠には続かない。

どうにか我慢すれば、新たな未来が待っている。

乗りきれば大丈夫。

コロナ禍の今だから心と体を育む。

と、日々自分に言い聞かせています。

・私でお役に立てることがございましたら、
精一杯サポートさせていただきますので遠慮なくお申し付けください。

平穏な日々が一日も早く戻りますことを心から願っています。

・何かと不便の多い今日ですが、この状況が一日も早く解消され、
平穏な日々が戻りますようお祈り申し上げます。

次回、元気なお姿でお会いできるのを楽しみにしております。

・ご苦労も多いかと拝察しています。

コロナ禍を乗り越えて前に進むために、
供に努力して乗り越えていくことが出来たらと思います。

・マスクに消毒、鼻うがい、そして栄養をしっかりとって、
体調管理を万全にし、新型コロナ感染を乗り切りましょう。

まだまだ先を見通しづらい状況ではありますが、
ご自愛のほど心よりお祈りしております。

・何かと不便の多い今日ですが、この状況が一日も早く解消され、
平穏な日々が取り戻せるよう心から願っております。

そして、この状況が一日でも早く終息へ向かいますことと、
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

・コロナ禍でつい運動不足になりますが、筋肉は使わなければ衰えます。

適度に体を動かし、汗をかく。

早朝、部屋に風を通す。打ち水をする。

そして、我慢せずにエアコンは適度に使ってくださいね。

コロナ禍を気遣う結びの言葉:例文3

・コロナ禍の生活が始まって早2年。
私たちも少しずつコロナ前の日常を取り戻して来ました。

大学もほとんどが対面授業となってきました。
オンラインも選択できるようになり、コロナをきっかけに、
より様々な人が学ぶことが可能になりました。

コロナ禍の生活は大変な事が多いですが、この経験を生かして、
人々がより学びやすい環境へと進化していって欲しいと願っています。

・コロナ禍の今だからこそ、楽しみをみつけながら、
コロナの日常をしっかり過ごして行こうと思っています。

在宅ワークもしっかり慣れました。
落ち着いたらぜひ遊びに来てください。

くれぐれもご自愛ください。

・コロナ禍の影響は大きく、今年も客足は戻りきっていません。
しかし、私どもでお役に立てることがありましたら、
最大限サポートさせていただきますので、遠慮なくお気軽にお申し付けください。

コロナ禍後を見すえ、一体感をキーワードにして新たな応援ができないか、
工夫していきたいと思っています。

・コロナは永遠には続かない。
どうにか我慢すれば、新たな未来が待っている。


能天気かな、私。

でも、落ち着いたらぜひゆっくりご飯でも食べに行きましょう!

近々そういう日が戻ってくると信じています!
お互い元気に再会できる日を楽しみにしています。

・コロナ感染はすでに2年近く猛威を振るい、長期にわたる自粛生活、
またニュースなどの多くの情報に翻弄され、疎外感や孤立感、経済面など、
生きることに不安を感じる人が増え、不安定な社会情勢が続いています。

もし私で何かできることがあればお手伝いしますので、遠慮なく仰ってください。

まとめ

新型コロナの感染拡大で、
まだまだ、外出を自粛している人も多いのではないでしょうか?

そんな不安や退屈な毎日を送っている、家族や友人、
お世話になっている人に、「安全と健康にご留意ください。」
などの気遣いや、いたわりのひと言を添えたはがきや、
手紙を出してみられたらいかがでしょうか。

コロナ禍で、距離をとるべき今だからこそ、
はがきや手紙で距離を縮めることが出来るといいですね。

avatar
よっちゃん
>「コロナ禍で使える書き出しの挨拶と結び」の記事をまとめています。