この記事では、
寒中見舞いに使えるはがきの書き方と例文を紹介します。

もともと寒中見舞いは、暑中見舞いと同じような季節の挨拶状でした。

しかし、
最近では、さまざまな理由で年賀状を出せなかった相手への
ご挨拶に、寒中見舞いのはがきを送ることが多くなっています。

例えば自分や相手が喪中の時や、
年賀状またはそのお返事が遅れてしまった時、
喪中と知らずに年賀状をくださった方がいた時などには、
黙ってそのままにせず寒中見舞いのはがきを出すようにしましょう。

マナーだからというだけでなく、寒中見舞いを出すことで
相手もこちらの近況がわかると安心するはずです。

スポンサーリンク

寒中見舞いで季節の挨拶のはがきを出しましょう!

寒中見舞いの意味

寒中見舞いとは、寒い時期に相手の安否を気遣い、
自分方の近況を報告するための季節の挨拶はがきです。

寒中見舞いの「寒中」とは二十四節気の
「小寒(しょうかん)」と「大寒(だいかん)」にあたる期間です。

寒中に相手を見舞う書状なので寒中お見舞いとなります。

喪中や年賀状を書く時期を逃してしまった場合などには
年賀状の代わりとしてはがきを送ることも多いです。

寒中見舞いを出す時季

1月8日(松の内を過ぎて)~2月4日(立春頃)まで。

期限を守ってはがきを送りましょう。

寒中見舞いのはがきを送る場合は、
「松の内」を過ぎてから出すのが一般的です。

松の内は、
多くの地域で1月7日までとするところが多いようですが、
地域によって異なり、関西では1月15日までとなっています。

もしも、立春を過ぎるまで寒中見舞いを出しそびれたり、
立春以降にごあいさつの必要があったりする場合は、
寒中見舞いではなく余寒見舞いとしてはがきを出すようにします。

余寒見舞いは寒さが続くうちに出すといわれ、
2月中くらいを目安にはがきを出し終えておくとよいでしょう。

寒中見舞いを書く時の注意点

「拝啓」などの頭語や、
「敬具」などの結語は不要です。

年賀はがきを使用しない。

印刷はがきを使用する場合にも手書きで一筆添えると好印象。

相手方が喪中の場合、
賀詞やおめでたいとされる言葉は避けます。

また、年賀状を出し忘れた相手に送る場合、
「書き忘れた」という表現では不快にさせる場合もありますので、
お詫びの言葉を添える場合は言葉の使い方に十分注意しましょう。

寒中見舞いのはがき:例文

一般向け

寒中お見舞い申し上げます

厳しい寒さが続いておりますが 皆様いかがお過ごしでしょうか

おかげ様で 
私どもも変わりなく過ごしておりますので
他事ながらご安心くださいませ

余寒も厳しいようですが 
お風邪など召されませぬようご自愛ください

令和○○年 一月吉日

年賀状を出していない人から年賀状が届いた場合

寒中お伺い申し上げます

早々にご丁寧なお年賀をありがとうございました

厳しい寒さの日々が続いておりますが 
皆様ご健勝のご様子 何よりとお喜び申し上げます

私どももおかげ様で大過なく過ごしております

本年も例年と変わらぬお付き合いを お願い申し上げますとともに
幸福に満ちた一年となりますよう 心よりお祈りいたしております

令和○○年 一月吉日

喪中に年賀状が届いた場合

寒中お伺い申し上げます

早々にご丁寧なお年始状をいただきまして 
ありがとうございました

皆様にはお健やかに新年を迎えられたご様子 何よりと存じます

私方 昨年○月に父○○が急逝いたしましたため 
年末年始のご挨拶を遠慮させていただきました

服喪中のご通知が遅れましたことをお詫び申し上げますとともに
本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

喪中と知らず年賀状を出してしまった場合

寒中お伺い申し上げます

この度は ご服喪中とは存じ上げず 
年始状を差し上げてしまいましたことを
深くお詫び申し上げます

ご尊父様のご冥福を謹んでお祈り申し上げます

厳寒の折から 
何卒お身体を大切になさいますよう

取り急ぎお詫び申し上げます

令和○○年 一月

故人に年賀状が届いた場合

寒中お伺い申し上げます

早々にご丁寧なお年始状をいただきましてありがとうございました

皆様には
お健やかに新年を迎えられたご様子 何よりと存じます

昨年○月に 父○○は急逝いたしました

ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます

父が生前に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに 
皆様の一層のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

令和○○年 一月

まとめ

この記事では、
寒中見舞いに使えるはがきの書き方と例文を紹介しました。

寒中見舞いのはがきは、
ご自身が喪中の場合、またお相手が喪中の場合、
どちらでも送ることができるため幅広い使い方ができます。

寒中見舞いでも、喪中にからむものだと、句読点は付けない!
という風に言われているのも事実です。

最近では気にしない方も増えてきましたが、
目上の方や年配の方には句読点を使用しないほうがよいでしょう。

句点のかわりに、
一文字空けるようにして読みやすくするか、
うまく改行をするなどして美しく書き入れることを心がけたいですね。