親しい人に使える、
6月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

6月は、初夏の風も爽やかで、蛍も優雅に飛び交う季節。

梅雨時の花々も、蛍の光もその美しさが、
なんとなく心を癒やしてくれる6月になりました。

6月に送るはがきには、梅雨空の晴れ間にのぞく青空に、
夏らしさを感じさせる時候や花を使った季節の挨拶を、
使用してみられたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

6月の時候の挨拶

・風薫る五月となり、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。

・八十八夜も過ぎて、茶ばたけの緑も一層色濃くなってまいりました。

・端午の節句を迎え、
 お孫様のお健やかなご成長にお祝いを申し上げます。

・暦の上でははや立夏となり、
 心なしか日差しも明るさを増してまいりました。

・芳ばしい新茶の香りに心なごむ季節がやってまいりました。

6月の時候の挨拶:結び

・さわやかな好季節、ますますのご活躍を期待しております。

・すがすがしい若葉の季節、大いに英気を養いたいものです。

・新しい環境にも慣れた頃かと存じます。どうぞご活躍ください。

・過ごしやすい季節とはいえ、なにとぞご無理をなさいませんように。

・お子様の、
鯉のぼりのようにお健やかなご成長をお祈りいたしております。

6月の花(菖蒲・蛍袋・百合)を使ったはがきの時候の挨拶

6月は、雨模様の中にも、初夏の気配が漂う季節です。

庭の草木も6月の雨に濡れ、しっとりと落ち着いています。

そんな6月に咲いている、
「菖蒲(あやめ)」や「蛍袋(ほたるぶくろ)」・「百合(ゆり)」。

今回は、
これらの6月に咲く花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

菖蒲(あやめ)を使った6月のはがきの時候の挨拶

菖蒲(あやめ)は、ハナショウブやカキツバタのように
湿地や水辺ではなく、やや乾燥した山野に生えます。

開花時期:5月~6月。

菖蒲(あやめ)は、
カキツバタやハナショウブに似ていますが、
花びらの根元部分に網目模様があるのが特徴です。

初夏に紫色の端正な花を咲かせます。

優劣つけがたい美しい女性を形容して、
「いずれがアヤメかカキツバタ」といいますが、
どちらも迷うほど、美しくよく似ている花です。

菖蒲(あやめ)の花言葉

・「よき便り」「神秘な人」

菖蒲(あやめ)の俳句

・なつかしきあやめの水の行方かな (高浜虚子)

・旅人に雨の黄あやめ毛越寺 (高野素十)

・にさんにちむすめあづかりあやめ咲く (室生犀星)

菖蒲(あやめ)を使った6月の時候のはがきの挨拶:例文

梅雨明けが待たれる今日この頃です。

皆様には、
お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

昨日、久しぶりに鳴滝に行って来ました。

轟々(ごうごう)と流れ落ちる水を見て、
あらためて自然の大きさを感じました。

今年の梅雨で水かさが増しているのか、
勢いがあってすごい速さで、下まで流れる様は
見ていて気持ちまで持っていかれそうでした。

そのあと、ゆっくりと鳴滝を散歩しながら、
泰雲寺(たいうんじ)の回廊の前に行くと、
菖蒲(あやめ)が並んで咲いていました。

梅雨の雨の中で並んで咲く
菖蒲(あやめ)の花も綺麗です。

今度、ご一緒にまた鳴滝を散歩しませんか?

梅雨明けも、もうしばらくのようです。

梅雨寒で体調を崩されませんように、
ご自愛くださいますようお願い申し上げます。

蛍袋(ほたるぶくろ)の花を使った6月の時候のはがきの挨拶

蛍袋(ほたるぶくろ)は、釣鐘形(つりがねがた)の花が、
葉の腋(わき)から数個、垂(た)れ下がって咲きます。

開花時期は、6月~7月。

別名「釣鐘草(つりがねそう)」とも呼ばれます。

蛍袋(ほたるぶくろ)の名前の由来には、
「火垂(ほたる)提灯袋から名付けられた。」

「子供が掴まえた蛍をこの花に入れて遊んだことから。」

「蛍の出るころに蛍袋が咲くから。」
という諸説があります。

蛍袋(ほたるぶくろ)の花言葉

・「忠義」「正義」

蛍袋(ほたるぶくろ)の俳句

・夕風に蛍袋のひとかたまり (細見綾子)

・蛍袋多きは黄泉の径めきぬ (山崎ひさを)

・宵月を蛍袋の花で指す (中村草田男)

蛍袋(ほたるぶくろ)の花を使った6月の時候の挨拶:例文

独特の形をした、
蛍袋(ほたるぶくろ)の花が咲く季節になりました。

6月の蛍の飛び交う頃に、
細長い釣り鐘の形の可愛い花をうつむいて咲かせる蛍袋。

とてもユニークな形の花です。

白に淡い紫色の細かい斑紋の入った蛍袋を、
茶花にしようと思い買ってきました。

花前線があるように蛍前線もあり、
中国地方には6月中頃には到達してくるとのこと。

楽しみです!

最近では、近所の川で蛍を見ることが少なくなりました。

でも、
一の坂川では数年前から川を綺麗にしたので、
蛍の乱舞を見ることが出来るようになりました。

ピッカピッカと青黄色い光を放つ蛍を見に、
「蛍の夕べ」に足を運んでみられませんか?

梅雨時のうっとうしい日が続いております。

どうぞ、梅雨で気持ちまで湿気(しっけ)て、
しまわれませんように、くれぐれもご自愛くださいませ。

百合(ゆり)の花を使った6月のはがきの時候の挨拶

初夏から秋にかけて大輪の花を咲かせる百合の花。

花色は、桃、白、橙、紫などさまざま。

百合は、古くから知られ「万葉集」にも、
「さゆり」「ひめさゆり」として計11首が詠まれています。

百合(ゆり)の花言葉

・「純潔」 「高貴な品性」

百合(ゆり)の俳句

・開くかな百合は涙を拭いてから (折笠美秋)

・鬼百合がしんしんとゆく朝の空 (坪内稔典)

・百合匂ふ地球は月を抱きにけり (細井啓司)

百合(ゆり)の花を使った6月の時候のはがきの挨拶:例文

蒸し暑い日が毎日続いています。

皆様におかれましては、お変わりなく
お過ごしでいらっしゃいますか?

我が家も、先日やっと田植えが終わりました。

水田になったとたん、
毎晩カエルの大合唱が聞こえてきます。

それまで、カエルは、どこに潜んでいたのか不思議です。

あぜ道に百合が咲く季節になりました。

百合が大好きなお婆ちゃんが、
「ヤマユリは花を横に向けて咲かせ、オニユリは下向きに咲き、
ヒメユリは、上向きに咲く。」と教えてくれました。

あぜ道の百合は、
上向きに咲いていたのでヒメユリ?かな?

今年の梅雨空もあとしばらくのうち・・・。

梅雨あとの青空を期待しつつ、
気持ちだけはさわやかに参りましょう。

皆様のますますのご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

まとめ

6月は、日々緑の色が濃くなり、
1年の内で最も自然の美しさを感じる季節です。

生命力に満ちた緑に癒やされ、6月は山滴(したた)る季節。

はがきを書くときは、6月ならではの季語や花を使った
趣のあるはがきを届けてみられたらいかがでしょうか?

avatar
よっちゃん
他の月の「親しい人に出すはがきの挨拶と結び」の記事一覧です。

1月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・2月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・3月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・4月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・5月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・6月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・7月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・8月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

9月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・10月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・11月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・12月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び