親しい人に使える、
5月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

5月は、さわやかな風が心も身体も癒す季節。

緑がだんだん濃くなって、
あらゆる生命が活発に動き始める風薫る5月になりました。

5月に送るはがきには、
庭の木も花もすべてが、光り輝く季節を感じさせる、
時候の挨拶を使用してみられたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

5月の時候の挨拶

・風薫る五月となり、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。

・八十八夜も過ぎて、茶ばたけの緑も一層色濃くなってまいりました。

・端午の節句を迎え、
 お孫様のお健やかなご成長にお祝いを申し上げます。

・暦の上でははや立夏となり、
 心なしか日差しも明るさを増してまいりました。

・芳ばしい新茶の香りに心なごむ季節がやってまいりました。

5月の時候の挨拶:結び

・さわやかな好季節、ますますのご活躍を期待しております。

・すがすがしい若葉の季節、大いに英気を養いたいものです。

・新しい環境にも慣れた頃かと存じます。どうぞご活躍ください。

・過ごしやすい季節とはいえ、なにとぞご無理をなさいませんように。

・お子様の、
鯉のぼりのようにお健やかなご成長をお祈りいたしております。

5月の花(勿忘草・鈴蘭・苧環)を使ったはがきの時候の挨拶

「3月の風と4月の雨で5月の花が咲く。」
と、いう諺(ことわざ)があります。

雨が降り、雨があがって、季節の扉が開いていく。

そんな5月に咲いている、
「勿忘草(わすれなぐさ)」や「鈴蘭(すずらん)」・「苧環(おだまき)」の花。

今回は、
これらの5月に咲く花を使った
はがきの書き方をご紹介します。

勿忘草(わすれなぐさ)の花を使った5月のはがきの時候の挨拶

勿忘草(わすれなぐさ)は、
ヨーロッパ原産の多年草です。

日本には明治期に渡来し、
観賞用に栽培されています。

勿忘草(わすれなぐさ)の花は小さく、色は濃い空色。

最近はピンクや白の変種もあります。

つつましげな花ですが、
ロマンチックな伝説と名前の勿忘草(わすれなぐさ)。

開花時期:5月~7月ごろ。

勿忘草(わすれなぐさ)の花言葉

・「真実の愛」「私を忘れないで」

勿忘草(わすれなぐさ)の俳句

・まさに瑠璃富士を前なる勿忘草 (中村草田男)

・シャンソンを聴く薄明の勿忘草 (きくちつねこ)

・小さう咲いて勿忘草や妹が許 (村上鬼城)

勿忘草(わすれなぐさ)の花を使った5月の時候のはがきの挨拶:例文

可憐な印象の瑠璃色の小花をたくさんつけた、
勿忘草(わすれなぐさ)の鉢植えを買いました。

恋人のために、
川のほとりの青い花を摘んでいるうちに、足をすべらせ、
川に流されながら、「私を忘れないで!」と、青年が叫んだという
伝説から、この「勿忘草(わすれなぐさ)」の名前がついたとのこと。

英名も「フォーゲット・ミー・ノット」。

随分、ご無沙汰をしてしまいましたが、
お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

私もお陰様でやっとひと息つけるようになりました。

桜も菜の花も足早に終わって、
山肌は5月の若葉できらきらと光っています。

肌に感じる風の匂いはもう初夏ですね。

汗ばむような日があったかと思うと、肌寒い日が訪れたりして、
とかく不安定な季節ですが、お互い元気に頑張りましょう。

またお会いできるのを楽しみにしています。

鈴蘭(すずらん)の花を使った5月の時候のはがきの挨拶

鈴蘭(すずらん)は、
蘭とありますが、じつはユリ科です。

花の形が鈴に似ているところからこの名前がつきました。

北海道では、
各地に群生して県の花となっています。

別名に、「君影草(きみかげそう)。」という呼び名があります。

深緑色をした幅広の葉の間から
小さな小花が顔を出して咲きます。

開花時期: 5月~6月。

キリスト教では「聖母マリアの花」とされています。

鈴蘭(すずらん)の花言葉

・「約束」「幸福が戻ってくる」

鈴蘭(すずらん)の俳句

・鈴蘭の広野や吾を小さく置き (徳永山冬子)

・束でもち鈴蘭の花こぼしゆく (松崎鉄之介)

・鈴蘭の谷や日を漉く雲一重 (中村草田男)

鈴蘭(すずらん)の花を使った5月の時候のはがきの挨拶:例文

風薫る季節になりました。

皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

イギリスやフランスでは、5月1日を「スズランの日」と呼び、
この日にスズランを贈られた人には幸福が訪れるといいます。

鈴蘭の花を「メイ・リリー(5月の百合)」と呼ぶように、
この季節には欠かせない鈴蘭が咲く時期になりました。

ゴールデンウイークは、いかがなさいましたか?

私にとっては、疲労、出費と嘆きの1週間でした。

木の芽どきの体調の崩しやすい季節です。
どうぞ、ご無理なさいませんようお願い申し上げます。

苧環(おだまき)の花を使った5月のはがきの時候の挨拶

苧環(おだまき)の別名に、
「糸繰り草(いとくりそう)」が、あります。

開花時期:4月~5月。

花の形が、麻糸を丸く巻いて中を空洞にした、
糸巻きに似ていることからこの名前がつきました。

日本産の野生種は青紫が上品で清楚な感じですが、
西洋種の苧環(おだまき)は、色が多彩で華やかです。

苧環(おだまき)の花言葉

・「勝利」 「踊る心」

苧環(おだまき)の俳句

・をだまきや乾きてしろき吉野紙 (水原秋櫻子)

・をだまきの一目にそれと園芸種 (右城暮石)

・薪割るやみやまをだまき萌ゆる辺に (木村蕪城)

苧環(おだまき)の花を使った5月の時候のはがきの挨拶:例文

昨日は筍を掘りに実家の山に久しぶりに行きました。

お婆ちゃんが、苧環(おだまき)を見つけて、

『「しずのおだまきくりかえし むかしをいまに なすがよしもがな」
という静御前の歌に出てくる苧環(おだまき)だよ。歌の意味を知っているか?と。』

帰ってからすぐに調べてみました。

「静よ静よと繰り返し私の名を呼んでくださったあの昔のように
懐かしい判官様の時めく世に今一度したいものよ。」という・・・。

静御前と源義経のなんとロマンチックな関係。

「踊る心」の花言葉はこの静御前をイメージしたのでしょうか?

筍ご飯が食卓を彩る季節になりました。
今度、筍を持って伺いますね。

季節の変わり目です。くれぐれもご自愛ください。

まとめ

5月は、
山々の緑色と青空のコントラストがとても美しく
心を明るくなごやかにしてくれる季節です。

はがきを書くときは、5月ならではの季語や花を使った
趣のあるはがきを届けてみられたらいかがでしょうか?

avatar
他の月の「親しい人に出すはがきの挨拶と結び」の記事一覧です。

1月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・2月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・3月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・4月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・6月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・7月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・8月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

9月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・10月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・11月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・12月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び