はがきの書き方の基本!縦書き横書きのマナーを解説(例文あり)

この記事では、
はがきの宛名と文面の書き方の基本をご紹介します。

ちょっとしたお礼やあいさつが書かれたはがきは、
メールにはない温かみが感じられて受け取り手にも嬉しいものです。

でも、
はがきや手紙をいただくのは好き。だけど、書くのは苦手。
と、感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に、
はがきの宛名の「縦書き」と「横書き」の書き方の基本を、
ご紹介しますので、ぜひ例文を参考にして相手に失礼のない
はがきを出してみてください。

スポンサーリンク

通常はがきの値段・大きさ・重さ 

値段63円
大きさ(最大)横10.4センチ×縦15.4センチ
大きさ(最小)横15センチ×縦9センチ
重さ2g~6g

*はがきは所定の規格内において私製することができますが、
その規格を超えるものは第一種郵便物の扱いとなります。

・通常はがきの交換手数料は1枚につき5円です。

はがきの切手の貼り方と注意点

・はがきの切手を貼る位置

縦書きと横書きで切手を貼る位置は違います。
縦書きのはがきの場合は、切手は左上に貼ります。

しかし、問題なのは横書きの場合です。

縦書きと同じように、左上に切手を貼っていませんか?


実は、横書きの場合は、
切手は右上に貼るのが正しい貼り方です。

その理由としては、
郵便局では、消印の読み取りは機械が行っているので、
横書きの左上に切手が貼ってあると機会が読み取れないそうです。

消印を押す場合、
機械は縦書き封筒を基準としてセッティングされているので、
横書きもこのように設定されており、読み取れなかった場合は、
手作業で消印を押さなくてはならないのです。

郵便局としては、統一してあった方が助かると思いますが、
切手の貼り方が間違えていたとしても、郵便物は届来ますし、
受け取った方が不快に思う事は無いでしょう。

何より、気持ちがこもっている事が最も大切な事なのです。

しかし、はがきや手紙を横書きで出す場合、
郵便局の人の手間を増やさないためにも、
右上に切手を貼ることをお勧めします。


そして、切手はぎりぎりに貼るのではなく、
左上横3.5センチ、縦7センチ以内に貼りましょう。

また、切手はセロテープで貼ることはやめましょう。

セロテープの上は消印が押せないので、その切手は、
無効になってしまう可能性がありますのでご注意ください。

切手自体の枚数制限はありませんが、
複数枚の切手を貼る時は、切手同士が
重ならないように貼りましょう。

重なっていると、
使用済みの切手を使っている事を疑われ、
受け取ってもらえない可能性もあります。

常識とマナーに添った送り方をしましょう。

はがきの書き方の基本構成

はがきは、書くスペースが決まっているので、
手書きで書くときは、1行に15文字ほどのサイズを目安にし、
10行くらいにおさまるように、用件だけを簡潔にまとめます。

書き方の基本構成は、手紙とよく似ています。

前文があり、主文が続き、末文で締める、という三部構成です。

ただし、
前文と末文にあまりスペースを割いてしまうと、
伝えるべきことが書けなくなってしまいます。

また、はがきは略式なので、前文の省略が許されます。

前文と末文はそれぞれ1、2行で収めるようにしましょう。

あくまでも伝えるべき用件がメインである、
はがきの書き方の基本をこころがけましょう。

はがきの表面・裏面

一般に、受け取る人の名前や住所などの宛名を書く面を
「表面」、伝える内容を書く面を「裏面」としています。

表面を書くことを「表書き」、裏面を書くことを「裏書き」ともいいますが、
はがき作成ソフトなどでは、裏面を「文面」と呼ぶことが多いようです。

表書きの「縦書き・横書き」は、レイアウトを同じにします。

裏面が「縦書き」なら表面も「縦書き」に、
裏面が「横書き」なら表面も「横書き」に。

レイアウトを合わせることで、
受け取った方も自然に読むことができます。

はがきの基本 宛名の書き方

はがきの表面に記載するのは、受け取り手と差出人の住所と氏名。

文字の大きさや配置など、全体のバランスを考えて、
読みやすいレイアウトに仕上げましょう。

はがきの宛名の書き方:住所は2行以内に収めよう

住所は、できるだけ2行以内に収まるように書くと、
読みやすくて見た目も美しく仕上がります。

取引先や目上の人などに送るときは、
都道府県名から書き始めるようにすると、
より丁寧なはがきの書き方になります。

番地の数字は、縦書きにするときは漢数字で。
横書きにするときは算用数字で書きます。

はがきの宛名の書き方:アパート、マンション、ビルの名称や社名

住所の1行目には、都道府県名~番地を書き、
アパート、マンション、ビル名などは2行目に書きます。

2行目からは、1行目よりも一回り小さい文字で、
住所の書き出しの高さよりも少し下がった位置から
書きはじめるとスッキリとバランスが良くなります。

はがきの宛名の書き方:気を付けたい敬称や肩書きの付け方

まず、肩書きと敬称の違いをチェックしておきましょう。

肩書きとは、会社や団体といった組織の中で、
どのような地位にあるのかを表したもの。

敬称が持つような、相手を敬う意味は含まれていません。

敬称とは、差出人と相手の関係を表すもので、
文字通り、相手に対しての敬意が含まれます。

会社や団体などに所属する:個人宛て

個人名の最後にだけ「敬称」を付けます。

○○株式会社 営業部 部長 山田太郎 様

会社や団体:部署宛て

会社名の最後に「御中」を用いますが、 
そのあとに個人名を続けるのは間違いです。

(正) ○○株式会社 御中

(誤) ○○株式会社 総務部 御中 山田太郎 様

はがきの宛名の書き方:相手の名前は中央に大きく

相手の名前の文字は、はがきの中央に、大きめの文字で書きます。

名前の前に社名や部署名を書く場合は、名前そのものが中央に来るよう、
社名や部署名は少し右の位置にずらして書くようにすると良いでしょう。

はがきの宛名の書き方:宛名が連名の場合

ご家族や、ご夫婦など、
複数の人に対してはがきを送るときは、
個々の名前の下に敬称を付けるようにしましょう。

人数が多い場合は、「○○家 御一同様」とすることも可能です。

正) 山田太郎 様
      花子 様

(誤)山田太郎・花子様


(誤)山田太郎 様
     花子 

(二人の名前の中央に一つだけ「様」と書く)

はがきの宛名の書き方:差出人情報の書き方

表面を縦書きにした場合であれば、差出人の住所氏名は、
切手の幅もしくは差出人の郵便番号枠の幅に収まるよう書き入れます。

引っ越しや転勤で住まいが変わったときは、
ひとことその旨を付け加えておくと親切です。

また、出産などで家族が増えたときは、
新しい子どもの名前に「ふりがな」を付けておくと
はがきをもらった相手も、わかりやすく丁寧です。

はがきの基本 文面の書き方

1. 前文
今の季節感を伝える時候の挨拶、相手を気遣う言葉を書きます。

例:

やわらかな春のひざしに心なごむ今日この頃、
ご家族の皆様には、お変わりございませんか。

2. 主文
手紙の目的・用件を簡潔に述べます。

例:

昨日、久しぶりに井筒屋百貨店に行きましたら、
北海道展で令子様の大好きなケーキが売っていました。

冷凍でお送りしましたので、
届くのを楽しみにしていてください。

3. 末文
結びの挨拶
(相手の健康や無事を願う言葉や、用件を総括する言葉)を述べます。

例:

根を詰めすぎずに、ケーキをお供にひと息ついてくださいね。

また、昌子様とゆっくりお話しが出来るのを楽しみにしています。

お仕事の方、
くれぐれもご無理なさいませんようご自愛ください。

はがきの基本の書き方 縦書きと横書き

はがきは封書に比べて略式のものですが、
だからといって書き方にルールがないわけではありません。

また、書き方によっては、改まった印象を与えることもできます。

ここでは、はがきの縦書きの書き方と、
横書きの書き方についての基本をご紹介します。

はがき:縦書きの書き方

礼儀正しいはがきの書き方は、縦書きが基本です。

横書きのはがきは、気軽でくつろいだ印象を与えるため、
受け取った相手は、軽く扱われたような気がしてしまいます。

改まった相手や目上の人に宛てるときは、縦書きにしましょう。

  • 切手は左上に貼ります。
  • 住所は郵便番号の右端のラインに揃え、
    上から一文字下げたところから書き始めます。
  • 番地などの数字は、漢数字で書きます。
  • 目上の方は改まった内容の場合は、
    ビル名やマンションの名前も略さずに書きましょう、
  • 相手の名前は中央の郵便番号から一文字下げたところから書き始めます。住所より大きな文字で書きましょう。
  • 自分の住所と名前は、相手への敬意を表すために、
    相手の住所と名前よりも小さめに書きましょう。
  • 自分の住所も下の郵便番号の右下のラインに揃えて書きます。
    その左側に名前を書きます。
  • 自分の住所と名前の末字の高さを揃えると、より美しく見えます。
  • 連名で書く場合は、相手の名前の両方に様をつけます。

はがき:横書きの書き方

横書きで書くはがきは、縦書きよりもカジュアルな
書き方なので、儀礼的なお礼や挨拶向きではありません。

横書きのはがきは、親しい間柄の方へ出すのが相応しいです。

時候の挨拶や主文も形式ばらず、親しみのもてる、
話しかけるような言葉を心がけると良いでしょう。

頭語・結語を省略するなど簡略化したスタイルで構いません。

ただし、親しくても相手に失礼な内容や誤字は避けましょう。

  • 切手は右上に貼ります。
    間違える方が多いので気をつけましょう。 
  • 住所の書き始めが端に寄りすぎないよう、
    左端から2文字くらいのスペースを空けたところから
    書き始めましょう。
  • 番地などの数字は、横書きの場合、算用数字を使います。
  • 名前は中央より少し、上に書きます。
  • 自分の住所と名前は右下に小さめに書きます。

まとめ

この記事では、
はがきの書き方の基本と例文を紹介しました。

はがきの書き方の基本は、
「相手と自分との関係をわきまえて、
 適切な言葉を使い分けること」ではないでしょうか。

ただし、
あまりにも形式にこだわりすぎた、はがきも味気ないので、
丁寧な言葉遣いを選びながらも、素直な表現で気持ちの伝わる、
書き方を意識しながらはがきを書いてみられてはいかがでしょうか。