この記事では、親しい人に使える、
12月に咲く花の花言葉と、12月に咲く花を使った、
はがきや手紙の書き方と例文をご紹介します。

親しい人に使える、12月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

いよいよ1年の最終月を迎えました。

12月は、今年の締めくくりと、
来年を迎えるための行事が目白押しです。

12月上旬の季語の
二十四節気は「大雪(たいせつ)」。

暦の上から冬となった立冬から約1ケ月。

冬とは名ばかり、と思っていたのに、
いつの間にか冬本番です。

はがきを送る相手に、新しい年に向けて、力がみなぎる言葉や
12月の花を使ったはがきを書いてみられたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

12月生まれの誕生花と花言葉

花の名前と花言葉

月日花言葉
12月1日スパティフィラム清々しい日々
12月2日ユーカリノキ美しい思い出
12月3日ネフロレピス清々しい愛
12月4日山茶花(さざんか)謙虚・愛嬌
12月5日ポインセチア祝福する
12月6日シラー冷静・隠れた価値
12月7日シクラメンはにかみの中の愛
12月8日寒椿(かんつばき)謙譲・愛嬌
12月9日月桂樹(げっけいじゅ)栄光・勝利
12月10日レースフラワーデリケートな愛
12月10日ストレリチア(極楽鳥花)気取った恋
12月12日青木(あおき)初志貫徹・変わらぬ心
12月13日葉牡丹(はぼたん)祝福・物事に動じない
12月14日蔓梅擬(つるうめもどき)努力・大器晩成
12月15日オキザリス母親の優しさ
12月16日ブバルデディア夢・交友
12月17日ベゴニア親切・幸福な日々
12月18日アングレカムいつまでもあなたと一緒
12月19日くろがねもち魅力・寛容
12月20日アイビー死んでも離れない
12月21日プロテア栄光・自由自在
12月22日セントポーリア細やかな愛
12月23日寒菊(かんぎく)変わらぬ友情
12月24日宿り木(やどりぎ)困難に打ち勝つ
12月25日ホーリー永遠の輝き
12月26日千両(せんりょう)富貴・価値
12月27日八手(やつで)健康・大人の分別
12月28日イベリスあなたを慕っています
12月29日南天(なんてん)愛情は増すばかり
12月30日やぶこうじ感謝・明日の幸福
12月31日柚子(ゆず)健康・幸福

*出典

著者名:  「北脇榮次」
書籍タイトル「誕生花 わたしの花 あなたの花」 
出版社名: 「株式会社いしずえ」

12月の花(ポインセチア・シクラメン・南天の実)を使ったはがきの時候の挨拶

12月は、
クリスマスや年度末の大掃除など、年の締めくくりとなる月です。

12月の季語で代表的な和風月名は「師走(しわす)」。

普段は落ち着き払っている師(僧呂)でさえも、
12月は走り回ることから生まれた言葉だそうです。

そのほかにも12月の異称には、
年の暮を意味する「臘月(ろうげつ)」。

年が極まることから「極月(ごくげつ)」といった季語があります。

12月は、とっても寒い時期。

そんな12月の寒い時期にもめげずに咲いている、
「ポインセチア」や「シクラメン」や「南天」。

今回は、
これらの12月に咲く花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

ポインセチアの花を使った12月のはがきの時候の挨拶

ポインセチアは、メキシコ原産。

和名に、
「猩々木(しょうじょうぼく)。」「クリスマスフラワー。」があります。

日本へは明治中期に渡来。

葉は、11月~12月ごろに鮮やかな緋紅色に色づき、
中心に0.5センチほどの黄色の小さな花が咲きます。

クリスマスの時期になると鉢植えや切り花として
お花屋さんの店頭を飾り、広く親しまれています。

ポインセチアの花言葉

・「祝福する」「私は燃えている」

ポインセチアの俳句

・ポインセチア愉しき日のみ夫婦和す (草間時彦)

ポインセチアの花を使った12月の時候のはがきの挨拶:例文

クリスマスでおなじみの、真っ赤なポインセチアの花。

別名もずばり、「クリスマスフラワー」の鉢が、
お花屋さんの店先でたくさん並んでいました。

原産地メキシコでは、インディアン達が
この赤い色を清純の象徴としていたそうです。

今では、日本でもクリスマスには欠かせないポインセチアの花。

叔母様もポインセチアが、お好きだとお聞きしました。

日頃の感謝の気持ちを込めて、
ピンクのポインセチアを送らせていただきました。

クリスマスまでには届くと思います。

この一年、本当にお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ご家族お揃いで、良きクリスマスをお過ごしくださいませ。

シクラメンの花を使った12月の時候のはがきの挨拶

シクラメンは、地中海原産の花で、
日本へは、明治24年に渡来。

茎の先に大型の花を一輪、下向きにつけて咲きます。

別名、篝火草(かがりびそう)。

鉢の中でひしめくように咲く花の姿が、
篝火(かがりび)のように見えたからでしょうか。

シクラメンの花言葉

・「はにかみの中の愛」

シクラメンの花の俳句

・部屋のことすべて鏡にシクラメン (中村汀女)

シクラメンの花を使った12月の時候のはがきの挨拶:例文

若い頃に「シクラメンのかほり」という歌が
流行ったのを覚えていらっしゃいますか?

うつむき加減に咲く、真綿色(まわたいろ)のシクラメンは、
頬を染めてはにかんでいる少女を思わせるような花です。

ハート型の葉も美しい、シクラメンの花が咲く季節になりました。

お変わりなく、
お過ごしでいらっしゃいますか?

気がつけば今年も、はや師走。

年齢を重ねるにつれて、
光陰は、ますます矢の如くに感じる今日この頃です。

泰子様も、日々お忙しくご活躍のことと存じます。

どうかくれぐれも、ご自愛くださいまして、
輝かしい新春をお迎えくださいますようお祈り申しあげます。

南天(なんてん)を使った12月のはがきの時候の挨拶

・中国と日本が原産のナンテン。

6月頃、茎の頂きに白い小さな6弁花を多数つけ、
秋から冬にかけて球形の果実が赤く熟します。

ナンテンの音が「難転」に通じることから、
昔から災難よけのまじない、縁起の木とされています。

「南天の実」とした場合は冬の季語です。

熟果を干した南天の実は、
漢方で咳止めなどに用いられます。

南天の花言葉

・「幸せ」 「愛情は増すばかり」

南天の花の俳句

・南天の実になる花と思はれず (正岡子規)

南天を使った12月の時候のはがきの挨拶:例文

「難を転ずる」といわれる、南天の縁起木を、
お正月の生け花の材料として買ってみました。 

子供の頃、雪うさぎの目に使った紅い南天の実。

最近の子供たちは、
「雪うさぎ」なんか作ることもないでしょうね。

師走に入っていよいよ寒くなりましたが、
お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

私方も、お陰様で元気に暮らしておりますのでご安心ください。

この1年、つつがなく過ごせましたことを幸せに思います。

わけて浩子様からの
無形有形のプレゼントは心にしみています。

本当にありがとうございました。

来年も、浩子様の一年が喜びに満ち、
もっともっと輝く年となりますよう心からお祈り申し上げます。

まとめ

この記事では、親しい人に使える、
12月に咲く花の花言葉と、12月に咲く花を使った、
はがきや手紙の書き方と例文をご紹介しました。

12月は、1年の最終月。

今年の締めくくりと、来年を迎えるために、
「今年もありがとうございました。」
「来年もよろしくお願いいたします。」

と、感謝の気持ちをしたためたはがきを送り、
気持ちも新たに、新しい年を迎えたいですね。

12月ならではの、季語や花を使った
趣のあるはがきを書いてみられたらいかがでしょうか?

avatar
よっちゃん
他の月の「花と花言葉」の記事一覧です。

・1月の花と花言葉

・2月の花と花言葉

・3月の花と花言葉

・4月の花と花言葉

・5月の花と花言葉

・6月の花と花言葉

・7月の花と花言葉

・8月の花と花言葉

・9月の花と花言葉

・10月の花と花言葉

・11月の花と花言葉