年賀状を出すのが面倒でやめたい場合や、
高齢により年賀状を続けるのが難しい場合。

何も伝えずに、いきなり年賀状をやめるのではなく、
「あなただけではなく、みんなに送るのをやめます。」と、
相手に自分の意思をしっかりと伝えることです。


穏便に年賀状をやめるために、
大切な断りの文例をご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状のやり取りをやめる時に失礼にならない断り方の例文

最も無難なのは、
年賀状で新年の挨拶の言葉を述べたあと、
「今年で年賀状を出すのは最後にします。」と、

ひとこと書き添えることでしょう。

年賀状のやり取りをやめても、
時々連絡はとりたいという相手には、
メールアドレスなども一緒に記載しておくのをお勧めします。

ご年配の方向け年賀状:失礼にならない断りの例文

お健やかに初春をお迎えのことと存じます。

私も歳を重ね最後の年賀状とさせて頂きます。

皆様の益々のご繁栄をお祈り申し上げます。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

私も高齢になり、毎年の年賀状を、
したためることが難しくなってまいりました。

本年をもちまして、
 年始のご挨拶を失礼させていただきたいと思います。

勝手ではございますが、
今後も変わらぬおつきあいのほどお願い申し上げます。

お健やかに佳き新春を、お迎えのことと存じます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

来年から、どなた様へも年賀によるご挨拶を、
お送りしないことにしました。

誠に勝手ではございますが、
今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

 皆様におかれましては
お健やかに新年を迎えられていると存じます。

 さて 私も高齢になり文字を書くのが大変になってきました。

毎年の年賀状も今年限りで失礼いたしたいと思います。

 年賀状は返せませんが、
○○様からの年賀状は毎年楽しみにしています。

誠に勝手ではございますが 今後ともよろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。

昨年は何かとお世話になりありがとうございました。

毎年いただいております年賀状ですが、
誠に勝手ながら、今年限りで失礼させていただきたいと思います。

今後は電話やメールで近況の報告を頂ければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

年賀状のやり取りをやめる時:寒中見舞いで伝える例文

寒中お見舞い申し上げます。


早々に年賀状ありがとうございました。


ここ数年視力が落ちてきて字を書くのが困難になってきたため、
誠に勝手ではございますが、本年度より皆様との年始のご挨拶を
控えさせて頂いております。

何卒御了承下さいますようお願い申し上げます。

○○様とは今後も、
より良いお付き合いをさせて頂きたいと思っておりますので、
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

寒さ厳しい折、どうぞご自愛ください。

寒中お見舞い申し上げます。

 寄る年波を感じるに至り、来年からどなた様への年賀状も、
お送りするのを控えさせて頂こうかと考えております。

 誠に勝手ながら、今後とも変わらぬお付き合いを
 どうぞよろしくお願い致します。

寒さ厳しい折 どうぞご自愛くださいませ。

寒中お見舞い申し上げます。

年賀状、ありがとうございました。

皆さん、お元気そうで何よりです。

ここ最近、年末に仕事が立て込んでしまい、
なかなか年賀状の準備が難しくなっております。

そこで、勝手ではございますが、
来年から年賀状を取りやめさせていただくことにしました。

下記にメールアドレスを記しておきます。

よろしければ、○○さんのアドレスも教えてください。
今後とも宜しくお願いいたします。

まとめ

お正月に年賀状がポストに入っていると嬉しいものです。

「年賀状だけのつきあい」でも年に一回、
その方の様子がうかがえるのも安心します。

しかし、
中には「もう切ってもいいかな」という相手や、
高齢を理由に年賀状をやめる場合、無理をして、
年賀状を書いては、身体に負担をかけてしまいます。

「年賀状をやめたい」と思ったら、
相手との関係性に合わせた対応を心がけ、
自分の気持ちをうまく伝えましょう。