就活生から、
「内定したら企業にお礼を言った方がいいんですか?」

「お礼状ってどうやって書くんですか?」という声を多く聞きます。

社会人の第一歩として関わる企業ですから、
内定が出たらお礼を伝えるのがおすすめです。

メールでお礼を伝える方法もありますが、
手紙でお礼状を送ることで、相手に対して
より丁寧に感謝の気持ちを伝えることができます。

手紙を書くときに綺麗な手紙が書けずに悩んでいらっしゃる方がいたら、
別の記事で「きれいな手紙が書ける便箋と封筒」をご紹介しています。

👇

>良かったら読んでみてください。

もちろん、
お礼状はあくまで個人の気持ちを伝える書状のため、絶対ではありません。

しかし、今後は企業の一員として長くお世話になるため、
そのあいさつとしても出しておいたほうが企業の印象はよくなります。

この記事では、内定が出た後に送るお礼状の書き方を紹介していきます。

スポンサーリンク

内定後にお礼状を出す際のお礼の書き方のポイント

お礼状を出す場合にはポイントがあります。

お礼状は正しい形式で作成して送るだけでも印象はいいのですが、
さらに好印象を獲得するには、より細かい点まで意識しなければなりません。

細部までこだわりを見せることで、
丁寧なお礼の気持ちが伝わり、入社後の評価にも繋がるでしょう。

お礼状は手書きで書く

お礼状を書く場合、パソコン作成と手書きで悩む人が多いと思います。

パソコンだと字に自信がない人でも
整った書面を作成できます。

でも、それだとメールと変わらないですよね。

せっかく手紙にしてお礼状を送るのですから、
思いを込めて手書きでお礼を書きましょう。

パソコンで書いたお礼状より、
手書きでゆっくり書いた方が、気持ちが伝わります。

これは「相手が自分に手間をかけて書いてくれた」と感じるためです。

パソコンで作成されたお礼状の手紙には、
業務的で冷たい印象を持つ人も多いです。

業務でパソコンしか使わない企業に入社する場合は、
企業で働く社員にとっても、手書きで書かれた手紙の方が、
より新鮮に見えるかもしれません。

せっかくこれからお世話になる企業に向けたお礼状を書くのであれば、
多少字に自信がなくても丁寧にお礼を書いて感謝の気持ちを伝えましょう。

お礼状は当日から1週間以内には送る

お礼状は、内定後いつ出してもいいわけではなく、
基本的には内定をもらった直後に素早く出さなければなりません。

内定を獲得したことへの喜びという点もありますが、
1人の社会人として、すぐにお礼状を送るという行為は
会社から非常に高評価を得られる行動です。

ビジネスにおいてもお礼状やお礼のメールなどを送ることは日常的にあります。

ひとつひとつの行動に対するスピード感によって、
取引先などから得られる信頼度は変わってきます。

結果が出てからお礼をするまでの時間が空いてしまうと、
相手に対して感謝の気持ちが伝わりづらくなります。

お礼状が届くのが、あまりにも遅すぎると、
企業への優先度が低いとも思われかねないため
内定をもらったらすぐに出すようにしましょう。

早ければ当日、遅くても1週間以内には出すことをお勧めします。

内定の連絡からポストに投函するまでの期間を短くする努力をしましょう。

投函自体が遅れてしまうと、
企業に届くまでにかなりの時間を要してしまうため、
内定の結果を受けたらすぐにお礼状を送ることを意識しましょう。

日本経済新聞出版社
¥1,980 (2022/03/28 20:22時点 | Amazon調べ)

内定後に出すお礼状の書き方

ビジネス上のやり取りになるので、
マナーやフォーマットを守って書きましょう。

内定後のお礼状は自身の気持ちを伝える書状であるため、
「この内容を書かないといけない」という厳密な決まりはなく、
感謝の気持ちが伝わるということが重要なポイントです。

ただ、厳密な決まりはないといってもそれは内容の話で、
お礼状という形式を取るなら、書き方のルールは守らなければなりません。

最低限のフォーマットは決まっているため、守りながら作成しましょう。

入社後にやりたいことを書いて意気込みを伝えよう

お礼状での「就職に向けての意気込み」は、
具体的にどんなことをしたいのかを熱意を持って書けるといいと思います。

内定を頂いた=来年度からはその企業の社員になるわけなので、
社員になったら具体的にどんな仕事をしたいのか?とか、
何に取り組んでいきたいのか?を明記するといいですね。

また、人事の方だけでなく、企業によっては社長や役員の方も
ご覧になられるかもしれないものなので、フォーマットに沿って
お礼状を書き上げることも大切です。

あくまでも「お礼状」なので、表現や書き方に失礼がないようにしましょう。

内定後に出すお礼状の書き方例文

お礼状を書く際、挨拶の次にお礼を伝えます。

そして、内定をもらえて嬉しい気持ちを伝えましょう。
恩師や両親といった第三者も喜んでいると書くことで、
企業側を安心させることができます。

両親などの反対が内定辞退に繋がるケースもあるので、
承諾を得ているというアピールになるのです。

企業に貢献していきたいという抱負や、
入社までの過ごし方にも触れるといいですね。

その後に「これからお世話になります」という旨を伝えます。

内定に対する感謝が再び書かれていますが、
内定のお礼を伝える重要な礼状では、
最後に改めてお礼をするのがマナーです。

お礼状の例文:手紙

拝啓 初秋の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度は内定をいただきまして、誠にありがとうございました。

早速恩師と両親に報告したところ、大変喜んでおりました。

来春から貴社に貢献できるよう、
就業までの期間も努力を重ねて参ります。

未熟な私ですが、
今後共ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

この度は内定をいただき、本当にありがとうございました。

略儀ではございますが、まずは書面にてお礼申し上げます。 敬具

令和○年 ○月○日

        ○○大学○○学部○○学科四年 
        氏名 ○○ ○○

 株式会社○○ 人事部人事課 
  ○○ ○○様

お礼状の例文:メール

メールでのお礼状は、
ひと目でわかるように件名に内容を記載します。

メールでは、冒頭で企業名と相手の方の氏名を書きます。

挨拶をしてから大学名、学部、学科名、氏名を書きましょう。

そして、内定に対する感謝の気持ちを伝えます。
入社まで努力することも大切です。

最後に署名を忘れないように気を付けましょう。

件名:内定のお礼/○○大学○○学部 ○○ ○○(氏名)

株式会社○○
人事部人事課 ○○様

お世話になっております。

○○大学○○学部○○学科の○○ ○○(氏名)です。

このたびは内定のご連絡をいただき、
誠にありがとうございました。

恩師や家族に報告したところとても喜んでおり、
感謝の気持ちでいっぱいです。

貴社で1日も早く活躍できるよう、一生懸命努力して参ります。

未熟な私ですが、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。

―――――――――――――――

港 太郎(みなと・たろう)
○○大学○○学部○○学科○年
携帯電話:080-6304-2525
メール:minato@yottyann.ab.jp

―――――――――――――――

まとめ

この記事では、
内定が出た後に送るお礼状の書き方を紹介しました。

内定後は、すぐにお礼状を送って、
「これからよろしくお願いします」という
お願いと感謝の気持ちを伝えましょう。

内定のお礼を伝える方法には電話やメールもありますが、
電話は担当者の仕事を中断させてしまう恐れがあります。

また、メールは最も手軽にお礼を伝えらえる方法ですが、
お礼状と比べると真剣さや丁寧さが足りない印象です。

手書きで書くことで、礼儀正しく感謝の気持ちをしっかり伝えられます。

お礼は、内定をもらい次第作成し、できるだけ早く郵送しましょう。

手紙を書くときに綺麗な手紙が書けずに悩んでいらっしゃる方がいたら、
別の記事で「きれいな手紙が書ける便箋と封筒」をご紹介しています。

👇
>良かったら読んでみてください。