この記事では、
還暦を迎えた、両親や、おじいちゃん、おばあちゃん、
親戚、上司など、お世話になった人の60歳をお祝いし、
還暦お祝いのメッセージの書き方についてご紹介します。

還暦を祝ってもらって、
「嬉しくない」なんて人は
ほとんどいないのではないでしょうか。

でも、
「どのようなメッセージを書けば良いか思いつかない。」
という方も、中にはいらっしゃると思います。

そこで、この記事では、
還暦の由来や祝い方、還暦祝いに抑えておきたい一般的な常識や、
贈る相手別のおすすめのプレゼントなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

目次

還暦とは?

還暦とは、
千支が一巡する60歳のタイミングで再び生まれた時の千支に還るということで、
「歴」が「還る」という意味が込められ「還暦」と呼ばれます。

千支の考え方「子、丑、寅・・・」の12通りだけではなく、

十千「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸と子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」を組み合わせた、
60通りの十干十二支を採用する考え方もあります。

その十干十二支が一巡するのがちょうど60年。

還暦のお祝いとは?

もともと還暦祝いは、中国から伝わった風習です。

日本では奈良時代に聖武天皇が、
40歳をお祝いしたのが始まりだといわれています。

大衆の間に広まるのは、江戸時代以降。

ちなみに江戸時代の平均寿命は30~40代。

今と違って、
60代になっても元気に過ごしている人は
少なかったと考えられています。

戦前は平均寿命が50歳前後でした。

そのため60歳生きていることを、
めでたくお祝いする風習が現代まで続いています。

還暦祝いとは、
満年齢で60歳(数え年で61歳)を迎え、
「暦が一巡するまで長生きした」ことを喜ぶ、本来は「長寿」を祝う行事です。

いまや人生100年時代。

今でこそ長寿のイメージがあまりない60歳ですが、
これまで積み重ねてきた人生を祝い、これからも若々しく。

もっと長く人生を明るく、楽しく過ごしてほしいという思いを込めた
大切な節目であり、「還暦」はもっともポピュラーな「年祝い」です。

現代の還暦祝いは人生の節目。

第二の人生のスタートといった意味合いで
お祝いされることが多いようです。

還暦祝いの赤いものを贈る由来は?

還暦祝いのプレゼントといえば、
「赤いちゃんちゃんこ」


どうして還暦に
”赤いもの”を贈るという風習ができたのか、
その由来をご存知でしょうか?


「赤」には、古くから魔除けの意味があり、
昔は赤ちゃんの産着も赤だったようです。


そしてもうひとつの理由は、
「正式には60通りある干支が、60歳で一周するということで、
赤ちゃんに戻る」という、生まれ直しの考えがある為です。

もう一度“赤ちゃん”として生まれ、
新たなスタートを切るという意味があるそう。

還暦は、
「生まれ直し」とも捉えられており、赤を身につけ、
魔除けをすることで、より長く生きてもらいたいという
願いが込められています。

還暦のお祝いは誰がするもの?

現在は、性別関係なく還暦を迎えたらお祝いするのが一般的です。

しかし昔は、
還暦というと「家督を後継者にゆずる」という意味があったため、
女性が還暦を迎えてもお祝いすることはありませんでした。


地域によってはこの風習が残っていて、
現在でも還暦祝いは男性のみという所もあります。

還暦のお祝いは誰を呼ぶ?


還暦祝いの食事会に誰を呼ぶのか、これまたケースバイケースです。

還暦祝いには、
お宮参りや七五三のように決まった儀式はなく、
家族や親せきなど、親しい間柄の人がお祝いすることがほとんど。

同居の家族だけで簡単に食事をすることもあれば、
親せきを招待したり、主役の友人を招くこともあるでしょう。

一般的には主役の子供とその家族(妻、夫、孫)が
集まるケースが多いようです。

還暦祝いのお祝いのタイミングは?

本来は数え年で60歳の年に長寿を祝う風習でしたが、
時代の流れとともに変化し、現代では満60歳になる年に
還暦祝いをするご家庭が多くなりました。

60歳の誕生日から次の誕生日までの、
どこかでお祝いするのが一般的です。

満61歳の誕生日でお祝いするケースもあるようです。

一番多いのは誕生日の席のようですが、
お正月、敬老の日、お盆などが比較的、
お祝いのタイミングとして選ばれやすいようです。

遠方に住んでいる場合は、
誕生日にこだわらず、お正月やゴールデンウィーク、
お盆など集まりやすいタイミングに祝うことも。

厳密にこの日にやらなければならないと決まっているお祝い事ではないため、
満60歳の誕生日付近のどこかで、皆の都合が良い日にお祝いしましょう。

還暦祝いの祝い方は?

伝統的な還暦祝いでは、
赤いちゃんちゃんこと、頭巾を身につけ長生きをお祝いする光景がみられます。

しかし、還暦祝いの仕方は、特に決まった形はありません。

いつもより豪華なレストランでの会食や旅行など招待したり、
「赤」をモチーフにしたプレゼントを贈ることが多いようです。

還暦祝いのお祝いの場所は?

食事会で祝う人が多数。

自宅でお祝いするケースもあれば、
いつもと少し雰囲気を変えてお店で食事会を
開く場合などがあるようです。

コロナ禍で外食が出来ない場合は、
個室のお店を選んでお祝いをする。
という方法もあります。

還暦のお祝いの贈り物として
旅行をプレゼントするのも定番ですが、
例えば、家族で温泉旅館に宿泊したり、
「赤いちゃんちゃんこ」を着て写真を撮ったり。

食事に加えて記念撮影をして、
思い出を残している人も多いようです。

還暦祝いはいくら包む?

一般的な相場として、ご両親の場合は30,000円から50,000円。

祖父母の場合は10,000円から30,000円。

ご親戚や職場の人、お世話になった人の場合は
10,000円以下などです。

ひとつの目安として考えておきましょう。

還暦祝いのお祝いのプレゼントの相場は?

還暦祝いのプレゼントの予算の相場は、
誰から誰に渡すか、双方の関係性によって
相場が変わってきます。

他のごきょうだいや親族の方と、
プレゼントが重ならないよう話し合っておくのも重要です。

還暦祝いのお祝いのプレゼント両親へ贈る場合

両親に贈る場合の相場は1万円~10万円程度のようです。

幅がありますが兄弟姉妹など折半する人の人数で
変わってくるかと思います。

だいたい一人あたり1万円~3万円程度になる計算です。

ちなみに食事会を開くのであれば、
予算相場は4000円~10000円/人で、
お祝いされる本人の分は参加者で持つことになります。

還暦祝いのお祝いのプレゼントおじいちゃん・おばあちゃんへ贈る場合

孫からおじいちゃん、おばあちゃんに贈る場合の相場は、
平均1万円~3万円程度が多いようです。

あまり高価なものをあげすぎても、
おじいちゃん、おばあちゃんも気を遣ってしまいますし、
これだけの予算があれば喜んでもらえるプレゼントが贈れそうです。

還暦祝いのお祝いのプレゼント叔父・叔母・兄弟・姉妹など親戚へ贈る場合

関係の近さにもよりますが相場は、
平均5千円~2万円程度のようです。

還暦祝いのお祝いのプレゼント会社の上司や先輩・恩師などへ贈る場合

親族関係のない方には、
5千円~1万円程度で贈るのが一般的なようです。

親戚でもない人から還暦のお祝いをもらえるだけでも
きっと喜んでいただけますし、ある程度のしっかりした
プレゼントは渡せそうですね。

還暦祝いの表書きとのしは?


還暦祝いの表書き

還暦祝いの場合には、
「祝還暦」「寿還暦」「寿福」「御祝」
真ん中上部に記載しましょう。

下段は贈り主の名前を書きます。
名前は名字だけが一般的です。

筆ペンや毛筆など太くて濃い墨を使用します。

水引


色は紅白や金赤、金銀の色の7本を使用。
結び目は「蝶結び」。

結び切り(本結び


還暦祝いは一生に一度しかないお祝いのため、
まれに「結び切り」と勘違いをされてしまう方もいらっしゃいますが、
長寿のお祝いは「蝶結び」が正しい水引です。

60歳であるお誕生日のお祝いでもあり、
今後も、「古希」「喜寿」「傘寿」「米寿」と長寿のお祝いは続きます。

還暦祝いを郵送する場合は?

遠方に暮らす方へ還暦祝いを贈る際も、
表書きを記したのし紙を付けて送ります。

ご祝儀は「現金書留」で送る必要があります。

プレゼントなどと一緒に、
直接渡せなかったことへのお詫びを添えたメッセージを付けましょう。

還暦祝いの気をつけるポイントは?

そんな大切にしたい還暦のお祝いですが、
守っていきたいマナーやお祝いの仕方や、
ポイントについてご説明します。

60歳はあくまで通過点でありまだまだ現役の年齢です。

プレゼントを渡すにしても「老い」を連想させるものは避け、
これからの人生をより豊かに楽しく生きるのに使ってもらえるものや、
新しい人生をスタートするきっかけになるようなものを贈った方が、
今のご時世には則しているかもしれません。

プレゼントだけでなく、
スピーチや手紙などで気持ちを伝える場合も、
「死」「苦」「老い」に結びつかないように言葉運びに気をつけたいです。

還暦のおしゃれな言い方は?

60歳を表す「還暦」に別称があることをご存知でしょうか?

 あまり広く知られていませんが、
「華甲(かこう)」「華年(かねん)」
「本卦還り(ほんけがえり)」などがあります。

還暦の挨拶文は?

本日は、
私のためにこのように温かいお祝いの会を開いていただきまして
ありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

皆様と和気あいあいと楽しい時間を過ごしていますと、
こうして元気に60歳を迎えることができる幸せを。

そして、
還暦を笑顔で祝ってくれる家族や友人がいる幸せを。

今、心の底からしみじみと感じる次第でございます。

誠にありがとうございました。

還暦祝いのメッセージ

お母様に贈る還暦祝いのメッセージ

還暦おめでとう。

お母さんは、仕事をしながらも家の事
私たち兄弟の事…いつも笑顔でやってくれました。

大変な時もたくさんあったと思います。

これからは自分の時間を大切に過ごして下さい。

そして、
身体には気をつけて、健康で長生きしてください!!

山口に帰った時は、おいしいお料理楽しみにしています。

本当に感謝しています。 ありがとう。

お父様に贈る還暦祝いのメッセージ

お父さん
還暦おめでとうございます!

これからも元気に大好きな野菜作りを楽しんで、
健康で毎日充実した日々を送ってください!

お父さんがお米や野菜を送ってくれるおかげで
皆元気で幸せに過ごすことができています。

本当にありがとう。感謝しています。

いつまでも元気で長生きしてね。

これからは、
親孝行沢山するから期待していてください。

ご両親様に贈る還暦祝いのメッセージ

祝☆還暦!

二人がいつも一生懸命働いて、
家族のことを気遣ってくれたお陰で、
皆元気で幸せに過ごすことが出来ています。

これからも夫婦仲良く健康に気をつけて、
長寿世界一のおしどり夫婦を目指して元気で長生きして下さい。

お祖父様・お祖母様に贈る還暦祝いのメッセージ

おじいちゃん(おばあちゃん)、還暦おめでとうございます。

落ち込むことがあると、
いつも優しいおじいちゃん(おばあちゃん)の笑顔を思い出して頑張っています。

会うたびに優しく話を聞いてくれて、
おじいちゃん(おばあちゃん)は私の力の源になっています!

そして、いつも適切な助言をありがとう。感謝いっぱいです。

これからも健康でいっぱい長生きしてくださいね。

ご家族以外に贈る還暦祝いのメッセージ

この度は還暦を迎えられたとのこと心からお祝い申し上げます。

経験豊富な(お相手のお名前)さんには、
いつもアドバイスを頂き本当にありがとうございます。

今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

恩師に贈る還暦祝いのメッセージ

○○先生

この度は還暦を迎えられたとのこと心からお慶び申し上げます。


私は高校の三年間、○○先生が担任で、
人生の中で一番刺激的で楽しい時間でした。

そんな中時間を一緒に過ごしてくれた先生には、
感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもお体に気を付けて
充実した日々をお過ごしください。

次の同窓会には、
是非ご出席くださいますようお願い申し上げます。

還暦祝いのプレゼントを選ぶときのポイントは?

古くから死(4)や苦(9)をイメージさせる金額や個数、
シクラメンや櫛(くし)などのものはタブーとされてきました。

代表的なものはお葬式で使われる「菊の花」ですね。

あとは咲きごろをすぎると首から落ちてしまう
「椿の花」も死を連想させるためNGとされています。

花束を贈る場合は店員さんに「還暦祝い」という目的を
伝えて教えてもらうといいかもしれません。

また、
「踏みつける」ものである履物やマットについては、
目上の人に対しては「足で踏みつける」という意味で
伝わってしまうこともあるので気をつける必要があります。

靴下は、
贈り物として気軽に渡してしまう可能性もあるので要注意です。


「老い」を感じさせる老眼鏡や補聴器のほか、
万年筆などの文具類は「もっと勤勉に働きなさい」という意味があることから
今までは目上の人への贈り物としては控えた方がよいといわれてきました。

あと使い勝手が良いため、
つい渡してしまいそうな「お茶セット」ですが、
葬儀の香典返しなどで使われ「死」を連想させるためNGとなります。
気をつけましょう。


ただし、時代とともにその考え方なども変化してきています。

慣習として言い伝えられていることは知識として取り入れ、
どんなものを贈るにしても「心がこもっている」ことが重要です。

贈る相手から還暦のオススメ商品は?

還暦赤いバラ60本 花束

高級なガラスドームのブリザードフラワー

Barolo バローロ イタリア赤ワインとバラの花束

名入れ プレゼント 彫刻 お酒

赤いちゃんちゃんこを着た還暦ベアと赤い梅で作った赤い梅酒と完熟南高梅を使った 名入れラベル 梅酒の飲み比べセット

還暦祝い お酒 今代司 錦鯉 KOI 1800ml 化粧箱入

還暦祝いに贈る60年前の新聞付き名入れ酒!【芋焼酎】720ml

名入れ 焼酎グラス 結婚記念日プレゼント名前入り ぐらす present

還暦祝いの似顔絵時計 大サイズ


おしゃれ ゴルフ用品 グッズ 手袋 名入れギフト 天然皮革

九谷焼 マグカップ&茶碗&湯呑セット『加賀國色華』赤い花

名入れクリスタル時計 ダイヤカット

カタログギフト おとなの旅日和

本格高級還暦セット 「贈り物にも最適 赤いちゃんちゃんこ」

電動マッサージャーCecil 持ち運びできるポータブル

まとめ

この記事では、
還暦を迎えた、両親や、おじいちゃん、おばあちゃん、
親戚、上司など、お世話になった人の60歳をお祝いし、
還暦お祝いのメッセージの書き方等についてご紹介しました。

60歳を迎える還暦をお祝いする風習は、
長く日本で根付いています。

還暦は自分らしく生きる、
セカンドライフのスタートになります。

ご本人に喜ばれるお祝いにするために、マナーを守り、
還暦の贈り物は、相手のことを考えて新しい人生の門出を
お祝いする気持ちでお祝いしましょう。