大切な人が病気やけがで苦しんでいる時、心からのお見舞いの言葉は、その人に寄り添い、励ましと希望を与える重要な存在となります。

この記事では、異なる状況や関係性に応じたお見舞いメッセージの例文を紹介します。

親しい友人や家族、同僚など、相手別に適切な言葉を贈ることができるよう、様々なパターンを掲載しています。

言葉の力は大きいです。

相手に寄り添い、励ましの気持ちを伝えるために、このお見舞いメッセージ例文集をご活用いただければ幸いです。

「お見舞いへの感謝を伝える!お礼状の書き方と例文」
👇

スポンサーリンク

目次

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!お見舞いのメッセージを送る際のポイント

お見舞いのメッセージを送る際には、
相手が病気や怪我をしたという辛い状況にあるため、
失礼のない言葉遣いが求められます。

まずは、相手が具体的にどのような状況にあるのかを確認し、
それに合わせた言葉を選ぶようにしましょう。

また、相手が辛い状況にあることを慰める言葉や、
早く回復することを祈る言葉を添えることで、
相手の気持ちを少しでも楽にすることができます。

ただし、相手のプライバシーを尊重し、
具体的な病名や症状に触れることは避けるようにしましょう。

また、
長文や自分語りなどは相手を疲れさせてしまうこともあるため、
簡潔かつ明るいトーンでメッセージを送るようにすると良いでしょう。

大切な人へのお見舞いのメッセージを送る際には、
以下のポイントに気を配ることが大切です。

相手の気持ちに寄り添う

相手がどのような状況にあるのか、
どのような気持ちでいるのかを考慮し、適切な言葉を選びましょう。

簡潔かつ明確に伝える

メッセージは、簡潔かつ明確に伝えるようにしましょう。

長すぎる文章は相手を疲れさせることがあるため、
適切な長さにまとめることが大切です。

心からの気持ちを伝える

相手に対する心からの気持ちを伝えることが大切です。

相手が安心して気持ちを開放できるような、
優しいトーンで伝えましょう。

勇気づける

相手が前向きに考えるよう、励ます言葉をかけましょう。

相手の強みを褒めたり、
その人ならきっと乗り越えられると思わせるような言葉をかけることが大切です。

礼儀正しさを忘れずに

相手に対して、礼儀正しい言葉遣いを心がけましょう。

相手が受け取りやすいよう、
相手の名前や「様」を付けるなど、
適切な敬語を使うことが大切です。

ポジティブなメッセージを伝える

最後に、ポジティブなメッセージを伝えましょう。
相手が乗り越えることができるよう、前向きな言葉をかけ、
希望を与えることが大切です。

以下は、
「ポジティブ」なメッセ―ジとして使える言葉の例です。

・今はつらいけれど、必ず乗り越えられると信じています。

・一緒に頑張りましょう。私たちが支えます。


・今はゆっくり休んで、回復に向けて体力をつけましょう。

・いつも強く立ち向かっているあなたなら、これも乗り越えられます。

・過去に困難を何度も乗り越えてきた体験があるからこそ、
今回もきっと乗り越えられることを信じています。

「がんばって」と書きすぎないこと

ご本人は多くを語らなくても、
つらい治療をすでに精一杯がんばっているのかもしれません。

その場合、「がんばって」という言葉が逆に相手を傷つけてしまうこともあります。
励まし過ぎることなく、「治療をがんばっているんだね」「応援しているよ」など、
相手をねぎらう言葉を選ぶことをおすすめします。

以下は、
「がんばって」というフレーズの代わりに使える言葉の例です。

・あなたの力になりたい。

・気持ちを休めて、またがんばろう。

・無理をしないで、自分のペースでやろう。

・一歩ずつ進んでいこう。

・自分に対して優しくいてあげよう。

わかりやすく、簡潔に書くこと

長いメッセージを読むことが、
相手に負担をかけてしまうこともあるため、
簡潔な文章になるよう意識しましょう。

わかりやすく、簡潔に書く言葉の例です。

・お元気になられることを祈っています。

・短いメッセージしか書けないけれど、
焦らずゆっくりと回復してください。

・私たちも一緒に闘います。力を合わせましょう。

・メールでしかお話できないのが残念ですが、
いつでも気軽に話しかけてください。

・心身ともにリフレッシュして、
健康な姿で会える日を楽しみにしています。

共感する

病気・ケガなどの治療などについて、
こちらから詳しく聞こうとするのは避けましょう。

しかし、
人は時に、自分のつらい気持ちや不満を誰かに話したいと思うことがあります。

そんな時、ただ聞いてほしいという気持ちが強い場合もあります。

そのような場合には、「大変なんですね」というフレーズを使って、
相手の気持ちを受け止めることが大切です。

「大変なんですね」という言葉は、相手の気持ちを受け止めることで、
自分の気持ちが理解されていると感じることができます。

また、相手に話を聞いてもらうことで、心の重荷を軽くすることもできます。

ただし、相手の気持ちを受け止めることと、
解決策を提供することは別のことです。
相手が話をしたいという気持ちに寄り添い、共感することが大切です。

相手の気持ちに寄り添い、共感する言葉の例です。

・病気のことでお話しするのは、辛いこともあるかもしれないので、
お気持ちを尊重して控えたいと思います。

でも、いつでも話を聞く用意があります。

気持ちが晴れやかになるよう、
お手伝いできることがあれば何でも言ってください。

一緒に乗り越えましょう。

・病気のことで気分を害してしまうことがあるかもしれないので、
具体的な病状についてはお聞きすることは避けさせていただきます。

ただ、いつでも相談に乗りますし、
お力になれることがあれば何でもお申し付けください。

お体が楽になるよう、お祈りしています。

こうした言葉は、相手の気持ちを配慮し、自分ができることを伝えることで、
相手にとっての支援者であることを示しています。

また、お祈りしていることを示すことで、
相手の心を温め、希望を持ってもらえるようになります。

返信不要である旨を一言添える

相手が「返信しなければ」とプレッシャーを感じることもあります。

「返信不要です。」の一言を添える心配りが大切です。

以下は、
「返信不要です。」という一言を添える際に使える具体的な言葉の例。

・ご多忙中にもかかわらず、このメッセージをご覧いただきありがとうございます。

返信の必要はありませんが、
何かお力になれることがあれば遠慮なくお知らせください。

・この度は大変お手数をおかけして申し訳ありません。

返信は不要ですが、何かご不明な点がございましたら遠慮なくお知らせください。

心よりお見舞い申し上げます。

【コロナ感染お見舞い】心温まるメール例文&気遣いの手紙マナー

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!親戚や友人、ビジネス親戚・友人・ビジネス相手へのお見舞いメッセージ

親戚や友人、ビジネス相手へのお見舞いメッセージは、
特別な状況で大切な存在への思いやりや励ましを伝える機会です。

しかし、どのようなメッセージを送れば相手の心に響くのか、
迷ってしまうこともあるかもしれません。

そこで、
この記事では親戚、友人、そしてビジネス相手への
お見舞いメッセージの具体的な例文をご紹介します。

親戚や友人、ビジネス相手へのお見舞いメッセージは、
相手の心に寄り添い、励ましや癒しを届ける大切な手段です。

ぜひこの記事を通じて、
特別な存在への思いやりを伝えるためのヒントを探求してみてください。

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!家族に使えるお見舞いのメッセージ

家族という特別な存在に対して、
私たちは思いやりや温かい気持ちを持ち合わせているものです。

しかし、病気やケガといった辛い状況に直面すると、
どうして良いか分からずに悩んでしまうこともあるでしょう。
そんなとき、ご本人が前向きになれる言葉をかけることが大切です。

この記事では、家族へのメッセージについてご紹介します。
どのように気持ちを伝えたらよいのか、
また、何を心がけて伝えれば相手に届くのかなど、具体的な例文をご紹介します。

家族へのお見舞いメッセージ:例文

・大変な時期だけど、家族が一緒にいるから乗り越えられると思うよ。

私たちが支えるから、ゆっくり休んでね。

・いつも元気なあなたが、病気で苦しんでいる姿を見るのは辛い。

でも、私たち家族が一緒にいれば、必ず回復できると信じてるよ。

どうか前向きに頑張ってね。

・こんなつらい時期に、あなたを一人にさせたくないんだ。

何かあったら、いつでも話してね。

私たちはいつでもそばにいるから。

両親へのお見舞いメッセージ:例文

・お母さん、体の具合はいかがですか。

いつも家のことをがんばっているお母さんのことだから、
日ごろの疲れが溜まってしまったのかな。

家のことは気にせず、今は体を治すことだけを考えて、
ゆっくり休んでください。

・お父さん、体調が良くなるまでしっかり休んで、
無理をしないでくださいね。

私たち家族もお父さんの回復を祈っています。

ゆっくり休む時間を作ってください。
家族全員でお父さんをサポートしていきます。

・お母さんが辛い思いをされたのは、本当に心配でした。

退院されても、お身体が回復するまで、無理をしないようにしてくださいね。

私たちはいつでもお手伝いできるので、
何かお困りのことがありましたら、遠慮なくお知らせください。

お母さんの健康が一番大切ですから、
今はしっかり休んで、体力を回復することに集中してください。

・お父さん、今回の入院で大変な思いをされたと思いますが、
退院後の生活も無理をしないようにしてください。

私たちはお父さんの健康を大切に思っています。

家や仕事のことは気にせず、
今は体を治すことだけを考えて、ゆっくり休んでください。

祖父母へのお見舞いメッセージ:例文

・おばあちゃん、
入院の知らせに驚いたけれど、手術が成功したと聞いたときは心の底からほっとしたよ。

早くおうちに帰りたいと思うだろうけど、
今は、治すことだけを考えて、ゆっくり療養してね。

もしお医者様が許可してくれたら、また○○へ一緒にお出かけしょうね。

・おじいちゃん、
入院と聞いて心配しましたが、手術がうまくいったと聞いてほっとしました。

ゆっくり療養して、元気なおじいちゃんに会えるのを楽しみにしています。

・おばあちゃん入院されたと聞いて驚きました。

手術が無事に終わり、ひとまず安心しました。

ゆっくりと回復されるよう、心よりお祈りしています。

・おじいちゃん、入院されたとのこと、心配しています。

手術が無事終わってほっとしましたが、
無理をしないようにお願いします。

私たちも何かお手伝いできることがあれば、
いつでもおっしゃってください。

私たち家族もいつでもそばにいて、お手伝いさせていただきます。

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!親戚へのお見舞いメッセージ

親戚の方へのお見舞いメッセージを送る際には、
気持ちをこめた温かみのある文章を書くことが大切です。

親戚だからこそ、身近な存在として、励ましや支援を送ることができるということもあります。

かしこまり過ぎない言い回しで、親しみやすさを意識しながら、
以下のようなメッセージをお送りいただくことをおすすめします。

親戚へのお見舞いメッセージ:例文

・いつもお世話になっております。

先日、お母さんから叔母様が手術を受けたと聞き、心配でなりませんでした。

ご本人様の体調はいかがでしょうか。

この度は、取り急ぎお見舞いの気持ちをお伝えしたく、お手紙を差し上げます。

何かお力になれることがありましたら、
どうぞお気軽にお知らせください。

・いとこさんの入院の知らせを受け、心配でなりません。

ご機嫌が良くなるよう、心からお祈りしています。

何かお力になれることがあれば、遠慮なく言ってください。

お見舞いに伺う日を楽しみにしております。

・先日、おじいちゃまが体調を崩されたと聞き、
とても心配しております。

ご本人様が一日でも早く回復されるよう、心からお祈りしております。

私たちに何かお力になれることがあれば、遠慮なくお知らせください。

お見舞いにも伺えるよう、スケジュールを調整しております。

・いとこさんの手術のご報告を受け、驚きました。

どうかご無事に回復されますよう、お祈りしています。

しばらくはゆっくりとお過ごしください。

私たちもお手伝いできることがあれば言ってください。

お見舞いに行く予定ですが、
まずは手紙でお見舞いの気持ちをお伝えします。

・○○さんが体調を崩されたと聞き、心配しています。

少しでも早く回復されることをお祈りしています。

私たちもお手伝いできることがあれば、何なりと言ってください。

お見舞いに行く予定ですので、その際にはよろしくお願いします。

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!友達へのお見舞いメッセージ

友達へのお見舞いメッセージを書く際に気を付けるポイントは以下の通りです。

温かみのある言葉を選ぶ

友達には親しみを込めた言葉を使いましょう。

相手が不安や痛みを感じているときに、
励ましや支援の意思を表す温かい言葉が心に響きます。

支援の意思を示す

相手に何かできることがあれば、
率先して手を差し伸べる姿勢を見せましょう。

相手が困ったときに支援を受けられる存在であることが大切です。

親しい間柄の友達には、かたくるしい言い回しよりも、
普段の会話のようなやわらかい表現を使った方がいいでしょう。

友達へのお見舞いメッセージ:例文

・〇〇ちゃん、その後、体調はどうですか?

ずっと忙しそうにしていたから、
日ごろの疲れも溜まっていたのかもしれないね。

今は、無理しないでゆっくり休んでね。

何か力になれることがあったら言ってね。
いつもの笑顔と元気な姿が戻る日が、早く訪れますように。

・元気になるためには、休むことが一番だよ。

しっかりと睡眠をとって、身体を回復させてね。

必要なものがあれば、何でも言ってね。

本当に心配していたよ。
でも、きっとすぐに良くなるから、焦らずにゆっくり休んでね。

・いつも私の支えとなってくれる大切な友達へ、
心からお見舞いを申し上げます。

突然の出来事に驚かれたことと思いますが、
どうか一日でも早く健康を取り戻し、また笑顔で日々を過ごせるよう、
私たちが一緒に頑張りましょう。

何かお力になれることがあれば、遠慮なくお知らせください。

いつでもあなたの味方です。

・○○さん(名前)が体調を崩されたと聞き、心配しています。

少しでも早く回復されることをお祈りしています。

私たちもお手伝いできることがあれば、何なりと言ってください。

お見舞いに行く予定ですので、その際にはよろしくお願いします。

・今はしっかり休んで、体調を整えてください。

私たちはいつでも支援していますよ。

また、何かお手伝いできることがあったら、
遠慮なく言ってくださいね。

一人で抱え込まずに、私たちに相談してください。
あなたの回復を心から願っています。

・お疲れが溜まっていたのかもしれませんね。

今はしっかり休んで、体調を整えてください。

私たち友達はいつでも支えていますよ。

何かお力になれることがあれば、遠慮なく言ってくださいね。
あなたの早い回復を心から祈っています。

・疲れが溜まっているときは、
少しのことでもつらく感じるものです。

今はしっかりと休んで、体調を回復させてください。

あなたが少しでも楽になるよう、私たちは全力でサポートします。

何かお力になれることがあれば、どうぞ言ってくださいね。

・あなたが無理をしていたと聞いて、とても心配しています。

今はゆっくりと休んで、疲れを取ってください。

何か手伝えることがあれば、いつでも言ってくださいね。

私たちは、いつでもあなたの味方です。

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!友人へメールで送るお見舞いメッセージ

あなた自身の関係や具体的な状況に応じて、メッセージをカスタマイズしてください。
以下は友人へのお見舞いメッセージの例文です。

友人へメールで送るお見舞いメッセージ:例文

件名:お見舞い

メール本文:

〇〇さん、お元気ですか?

最近の体調はいかがですか?
私はあなたのことを心配しています。

あなたが早く回復することを願っています。

もし何か必要なことがあれば、遠慮なく教えてください。

くれぐれも、お大事にしてください。

○○ ○○(あなたの名前)

件名:
心からのお見舞いと励ましを送ります。

メール本文:
こんにちは 、体調はいかがですか?

このメールは、
(友人の状況や困難な状況の経緯など、具体的な背景を振り返るか、問題を共有する形でメッセージを始めることができます)を知ってからというもの、ずっと心配していました。

心の底から、お見舞いと励ましの言葉をお送りしたくてこのメールを書いています。

あなたの強さと前向きな姿勢は、いつも私を感銘させてくれます。

辛い時でも、一歩一歩進んでいく勇気を持っていることを知っています。

今は辛い状況だと思いますが、困難を乗り越えるために、
いつもの笑顔と希望を忘れずに頑張ってください。

私たちがここにいることを、心から忘れないでください。
どんな形であれ、支えたいと思っています。

もし私ができることがあれば、どんな些細なことでも教えてください。

一緒に力を合わせて乗り越えていきましょう。

また、いつでも話したいことがあれば、連絡してください。

聞き手になり、共感し、あなたの感情や思いを受け止めることができると思います。

最後になりますが、あなたの回復を心から祈っています。

早く元気な姿を見せてくれることを願っています。

心からの愛と応援を込めて。

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!【ビジネス関係】上司、同僚、お客様への例文集

ビジネス上で関わりのある人が入院や病気で休職している場合、
お見舞いのメッセージを送ることは、相手の回復を祈るだけでなく、
ビジネス上の関係性を構築する上でも重要なポイントです。

相手の病状を気遣いつつ、
相手が気持ちよく仕事に復帰できるようなメッセージを送ることが重要です。

病状を気づかいながら、
相手が気持ちよく仕事に復帰できるよう配慮したメッセージにしましょう。

ここでは上司、お客様、同僚の3パターンの例文を紹介します。

上司へのお見舞いメッセージ:例文

部長 ○○様

入院されたと伺い、一同とても驚きました。

その後お加減はいかがでしょうか。

会社のことなど気がかりが多いかと存じますが、
仕事は一同でがんばりますので、お気になさらないでください。

今は、ゆっくりとご静養なさってください。

一日も早く退院できますよう、
部長のご快復を心よりお祈りしております。

○○一同

○○課長
突然の入院、心配しております。

お体の具合はいかがでしょうか。

仕事の方は、一同でがんばりますので、
お気になさらずにご休養ください。

早く元気になって、また仕事に戻ってください。
○○課長のご健康を心よりお祈りしております。

○○部下一同より

同僚へのお見舞いメッセージ:例文

○○さん
入院されたと聞いて、心配しております。

仕事も気になると思いますが、今は無理をなさらずに、
ご自分のペースでお過ごしください。

私たちも一丸となって仕事を進めますので、ご安心ください。

○○さんの早い回復を心よりお祈りしています。

チーム一同

○○さん
入院されたとのこと、驚きました。

お体の調子はいかがでしょうか。

仕事は私たちが代わりに進めますので、
○○さんは、今はご自分のペースでお過ごしください。

お見舞いに行かせていただきますので、
ご返事いただけると幸いです。

早い回復を心よりお祈りしています。

○○チーム

こんにちは、○○です。

入院されたとのことで、心配しております。

お体の具合はいかがですか?

今はゆっくり休んで、お体を回復させてください。

仕事は皆でフォローしておりますので、無理せずにお過ごしください。

お見舞い申し上げます。

○○さん
入院されたと聞いて、とても心配しております。

お体の具合はいかがでしょうか。

仕事のことは気にせず、ゆっくりと療養してください。
私たちは○○さんが戻ってくるのを待っています。

早い回復を心よりお祈りしています。

お客様へのメッセージ:例文

いつもお世話になっております。
株式会社△△の□□と申します。

この度、△△様が入院されたと聞き、驚きとともに心配しております。

どうか、無理をなさらずに、


ご自身のペースで回復されるよう、心からお祈りしております。

お仕事に戻られる際には、何かお力になることがございましたら、
いつでもお申し付けください。

早期のご快復を心よりお祈り申し上げます。

いつもお世話になっております。
株式会社△△の○○です。

この度は、急なご入院ということで、
お見舞いのご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました。

お元気になられましたでしょうか。

どうか、無理をなさらずに、ご自身のペースでお過ごしください。

私どものサポートが必要なことがございましたら、
いつでもお知らせください。

早期の復帰をお祈り申し上げます。

いつもお世話になっております。
株式会社△△の□□と申します。

この度、△△様が入院されたとのこと、心よりお見舞い申し上げます。

どうか、一日も早い回復を願いつつ、お体を大切にしてください。


何かお手伝いできることがございましたら、どうぞお気軽にお申し付けください。
今はゆっくり休んで、お体を回復させてください。

ご自愛くださいませ。

大切な人へ贈るお見舞いの言葉!相手やシーン別のお見舞いメッセージ

面倒を見てくれたり、支えてくれたりする大切な人へのお見舞い。

その一言、一文が、相手にとって大きな励みとなるかもしれません。

本記事では、さまざまな状況や相手に合わせたお見舞いの言葉を集めたメッセージ例文集をご紹介します。

友人や親しい人への気軽なメッセージから、重い病気や困難に直面した時の適切な言葉まで、幅広いシーンに対応する例文を掲載しています。

お見舞いの心遣いや思いやりをしっかりと伝えるために、適切なメッセージの選び方や注意点についても解説していきます。

身近な人に贈るお見舞いの言葉について、参考にしていただける豊富な情報を提供いたします。

重い状態にある方やご家族へかける言葉に悩んだとき

友人や知人のお子さんやご家族、
また、病気やケガなどの程度が比較的重いと思われる方や、
そのご家族にメッセージを送る際、どのような言葉を選ぶかで悩むことがあります。

しかし、そんな時は相手の気持ちに寄り添い、
力になりたいという思いを伝える言葉を選ぶことが大切です。

少しでも心に届くメッセージを送り、
相手を励ますことができるように、適切な言葉選びを心がけましょう。

かける言葉に悩んだときは、
「少しでも力になりたい」「困ったことがあったら、何でも言ってほしい」
「いつでも連絡してほしい」といった形で、相手の味方であることや、
力になりたいことを伝えるような言葉選びがいいでしょう。

本人あてお見舞いのメッセージ:例文

〇〇さん、今は大変な時期だと思います。

どうかくれぐれも無理をせず、ゆっくり休んでください。

私たちはいつでもあなたの側にいます。

〇〇さん、
病気のためにお辛い思いをされていると思いますが、
どうかお大事になさってください。

私たちはいつでもあなたを支えます。

〇〇さん
〇〇様の体調不良の報を聞き、とても心配しています。

ご家族の皆様もお気づかいでしょう。

早くお元気になられるよう、心からお祈りしています。

今、私たちにできることがあれば、何でもおっしゃってください。

早く回復されますよう、私も祈りを捧げております。

どうぞお大事になさってください。

〇〇様の体調がすぐれないとのこと、大変心配しております。

ご家族の皆様もご心労が多いことと思います。

何かお力になれることがありましたら、遠慮なくお知らせください。

また、心配なことや不安なことがあれば、いつでも話を聞きます。

あなたが必要とするサポートや手助けを提供できるよう、
最善を尽くします。

一日も早いご快復をお祈りしております。

心からお見舞い申し上げます。

このような辛い時期において、どうかお体をお大事になさってください。

あなたが少しでも楽になれるよう、私たちも全力でサポートいたします。

何かお困りのことがありましたら、遠慮なくお知らせください。

きっと、この試練を乗り越えた先には、より良い未来が待っています。
どうか、希望を持ってお過ごしください。

○○さん
入院されたと伺いましたが、お体の具合はいかがでしょうか。

今は無理をせず、ゆっくり静養してください。

私たちはいつでもあなたと共に、
この厳しい時期を乗り越えるために全力でサポートいたします。

何かお力になれることがありましたら、お気軽にお知らせください。

心からお見舞い申し上げます。

今、苦しい時期を過ごしていることと思いますが、
どうかお元気になってください。

私たちはいつでもあなたと共に、
この試練を乗り越えるために全力でサポートいたします。

何かお力になれることがありましたら、遠慮なくお知らせください。

あなたにとって必要な時間をかけて、ゆっくりとお休みください。

きっと、いつか笑顔で過ごせる日が戻ってきます。

家族あてお見舞いメッセージ:例文

〇〇さんのお子さんの入院を知り、心からお見舞い申し上げます。

どうか、治療が順調に進みますように。

ご家族の皆様も、どうかお体に気をつけてお過ごしください。

〇〇さんのケガを知り、とても心配しています。

一日も早い回復を願っています。

何かお力になれることがありましたら、遠慮なくお知らせください。

〇〇さんのお母さんが病気になってしまったこと、
心からお察し申し上げます。

どうか、治療が効果的に進んで、早く元気な姿を見せてくださいますように。

心よりお見舞い申し上げます。

このような困難な状況に陥られたこと、心からお察し申し上げます。

どうか、ご家族の皆様がお力を合わせ、
一日でも早く良い方向に向かうことを祈っております。

この度は、お辛いご状況におかれまして、心よりお見舞い申し上げます。

どうか、今後の治療が順調に進み、早く回復されることをお祈りしております。

このような状況で、ご家族の皆様が大変だと思いますが、
どうかお気持ちを落ち着かせて、慎重にご対応いただけますようお願い申し上げます。

何かお力になれることがありましたら、遠慮なくお知らせください。

〇〇さん


〇〇様の体調が優れないと聞き、大変心配しております。

ご家族の皆様も大変だと思いますが、どうかお体をお大事になさってください。

私たちはいつでもあなたと共に、
この厳しい時期を乗り越えるために全力でサポートいたします。

何かお力になれることがありましたら、お気軽にお知らせください。

○○さん
○○ちゃんが、体調をくずされたとお伺いしましたが、今のお加減はいかがでしょうか。

ご両親はじめご家族の皆様のご心配は並大抵ではないとお察しいたします。

○○ちゃんがご快復されるよう、みんなで願っています。

私たちにできることがありましたら、遠慮なく何でも言ってくださいね。

コロナ禍でのお見舞いメッセージ

コロナ禍でのお見舞いメッセージの結びの言葉をご紹介します。

コロナ禍でのお見舞いメッセージ:例文

・今はまだ、不安な状況が続いていますが、一日も早く落ち着きが戻り、
元気な姿でお会いできることを願っています。

お身体をお大事にしてください。

・現在は、社会全体が新型コロナウイルスという厳しい状況に直面していますが、
私たちはいつでもあなたとご家族のそばにいて、お力になることができると考えています。

・このご時世、さまざまな制限があり、
お見舞いにお伺いできない状況が続いていますが、心からお見舞い申し上げます。

・制限が多い状況下で、お見舞いにお伺いできず、申し訳ありません。

お見舞いにお伺いできないことは残念ではありますが、
どうかお気持ちだけでも受け取っていただけると幸いです。

・このような状況下では、お見舞いにお伺いすることができず、本当に申し訳ありません。

ですが、心からのお見舞いの気持ちを込めて、このメッセージを送ります。

・今は、なかなかお会いすることができない状況が続いていますが、
お見舞いの気持ちを込めて、メッセージをお送りいたします。

「【2023年最新】コロナ禍で使える時候の挨拶!やわらかい表現の結びの言葉を紹介」の記事です。
👇

花と一緒に贈る時に添えるメッセージ

以下はお見舞いに添えるメッセージの例です。
ご自身の言葉でアレンジしていただくこともできます。

・親愛なる〇〇さんへ、
お体の不調に際し、大変心配しています。

今は辛いかもしれませんが、必ず乗り越えられると信じています。

一日でも早く笑顔で元気になって、またお会いできる日を楽しみにしています。

この花束は、あなたの健康回復を祈る気持ちと、
お見舞いの気持ちを込めて贈らせていただきました。

どうぞお大事になさってください。

いつでもあなたを支える存在として、
心からのお見舞いをお届けいたします。

〇〇より

・親愛なる〇〇さんへ、
この度はお体の不調に際し、心よりお見舞い申し上げます。

お一人で悩まず、私たちがいつでもあなたを支えることを忘れないでください。

この花束は、あなたの早い回復と心の安らぎを願って贈らせていただきます。

どうぞお大事になさってください。

心からの祈りを込めて、〇〇より

・親愛なる〇〇様へ、
お身体の調子が優れないとのこと、心よりお見舞い申し上げます。

病気や怪我は辛いことですが、
どうぞ一日でも早く健康な姿で元気になってください。

この花束は、あなたの回復を祈り、お見舞いの気持ちを表したものです。

いつでもあなたの味方であり、
支えとなる存在として、こころから応援しています。

お大事にされて、早期のご快復をお祈りしています。

心からのお見舞いを込めて、〇〇より

・親愛なる〇〇さんへ、
お身体の調子が優れないとのこと、本当に心配しています。

でも、あなたの強い意志とポジティブな考え方で、
必ずや乗り越えられると信じています。

この花束は、あなたの健康回復を祈り、
そしてお見舞いの気持ちを表したものです。

私たちは、いつでもあなたの味方であり、こころから応援しています。

どうぞお大事になさってください。
一日でも早く元気な姿を拝見できる日を、心から楽しみにしています。

心からのお見舞いを込めて、〇〇より

・親愛なる〇〇さんへ、

お身体の不調に心を痛めております。

あなたの強さと前向きな気持ちを尊敬しています。

今回のお見舞いは、あなたの健康を祈る気持ちと、
私たちがあなたを支えることを表すものです。

この花束には、心からの思いを込めて贈らせていただきました。

あなたが早く回復し、健康で元気な姿を取り戻すことを祈っています。

何か困ったことや相談があれば、
私たちがいつでもそばにいることを忘れないでください。

あなたが力を失いそうになったときには、私たちがあなたを支えます。

どうかお大事になさってください。

あなたの健康と幸福を心から願っています。

〇〇より

快気祝いとは?お見舞い返しに贈るおすすめギフトを紹介
👇

花キューピットで花を贈る

大切な方のお見舞いなどに、
花キューピットを利用して花を贈ることをおすすめします。

花は、言葉にできない感謝や思いを伝えるための素敵なプレゼントです。

花キューピットでは、
豊富な種類のお花から、あなたの気持ちにぴったりのものを選ぶことができます。

また、花束のデザインやサイズも自由にカスタマイズできるため、
あなたの想いをより伝えやすくなります。

大切な人に、花を贈ってお見舞いの気持ちを伝えましょう。

花キューピットで選ぶお花は、きっと大切な方の心に届くことでしょう。

花キューピットで花を贈って、
あなたの心のこもったメッセージを届けましょう。

【お見舞い】トルコキキョウのウッドバスケット

【送料無料】【アレンジメント・花束】

【お見舞い】カーネーションのグラスブーケ

お見舞い 明るい 前向き 花 ギフト プレゼント

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

短くても伝わる!退院祝いのメッセージ【相手別の例文あり】の記事です。
👇

まとめ

この記事では、
お見舞いのメッセージを送る際に悩む方に向けて、
失礼のない言葉を選ぶポイントや具体的な例文を紹介しました。

重い状態にある方やご家族に向けたメッセージにも対応しており、
相手別のメッセージ選びがスムーズになることで、
温かい気持ちを伝えられるようになります。

お見舞いのメッセージで大切なポイントは、
相手の心情を気づかい、思いやる気持ちです。

お見舞いの言葉で笑顔が増えるよう願っています。