この記事では、
「快気祝い」「快気内祝い」「退院祝い」「御見舞御礼」の意味の違いや、
渡すときの適切なタイミングやマナー、相場などについてご紹介します。

「お見舞い」は分かるけれど、
「快気祝い」と「快気内祝い」の違いとは?

他にも
「退院祝い」と「全快祝い」「御見舞御礼」…。

など似たような言葉がいくつもあります。

これらは非常に紛らわしく、渡すときの適切なタイミングやマナーについて、
はっきりよくわからない。…という方も案外多いのではないでしょうか。

今回は、
「快気祝い」「快気内祝い」、
「退院祝い」「御見舞御礼」の意味の違い。

快気祝いに添える気持ちが伝わるメッセージ、
などについてご紹介します。

スポンサーリンク

快気祝いと快気内祝いの違い

快気祝いとは?

まず、
「快気祝い」と「快気内祝い」はどちらも、
「頂いたお見舞のお礼」であることを押さえておきましょう。

「退院祝い」は、病気になった方へ周囲の人間が贈るもの。

しかし、「快気祝い」はその反対。
退院した後に本人の名前で贈るものです。

“快気”や“全快”などの言葉は入院・療養していた側が、
良くなったことを知らせるために使うものとされます。

お礼の気持ちを伝えると同時に、病気やケガが良くなり、
「元気になりました。」と挨拶をするもの、
だと考えるとわかりやすいでしょう。

つまり
「快気祝い」は、
入院していたご本人が、お見舞いにいらした方や、
お世話になった方へ、退院の報告と入院期間中の
感謝を伝えるために贈るものです。

全快祝いとは?

似たようなもので「全快祝い」というものもあります。

「全快祝い」も「快気祝い」と同じで、
病気になった側が周囲の方へ贈るもの。

「全快祝い」は文字通り、
もう通院や自宅での療養などが、
必要ない場合に用いられます。

病気やケガが完全に治った場合は
「快気祝い」や「全快祝い」を使用します。

快気内祝いとは?

まだ完治していないものの、お返しを贈る場合は
「快気内祝い」「御見舞御礼」「退院内祝い」などを使用します。

退院したが、まだ自宅療養や通院が必要なケースで、
全快とは言えないという場合には「快気内祝い」を贈ります。

病気やケガの完治をお知らせして祝う
「快気祝い」と異なる点はその部分です。

御見舞御礼とは?

「御見舞御礼」「快気内祝い」と同じような役割を担うもので、
退院はしたものの、自宅療養やリハビリが続く場合に用います。

お見舞いをもらったけれど、
しばらく入院が長引きそうな場合も
「御見舞御礼」を贈りましょう。

また、
残念ながら本人が闘病の末に亡くなってしまった場合も
「御見舞御礼」を贈るのが適しています。

快気祝いの相場は?

いただいたお見舞いの
3/1から半額程度となっています。

お見舞いの金額が5,000円なら2,500円程度。

10,000円なら5,000円程度のものを選ぶといいでしょう。

快気祝いを贈るタイミング

快気祝いは、
基本的に退院をした10日後頃に贈るのがベストとされています。

また、どんなに遅くなっても、1ヶ月以内に贈るのが良いかと思われます。

ですが厳密に言えば、
完治した際に贈る品物となるので、確実な期日はありません。

快気祝いにそえる気持ちが伝わるメッセージの例文

快気祝いのメッセージは、
最初に「退院した」「回復した」を報告するのではなく、
まずは、心配や迷惑をかけてしまったお詫びの言葉から
はじめるようにしましょう。

また、
入院中お見舞いに来ていただいた方には、
そのお礼と感謝の気持ちを表すようにするとよいでしょう。

例文:心配をかけたことに対するお詫び

この度は、○○様をはじめ、
皆様に大変ご迷惑をかけてしまい、心苦しく思っています。

幸いにも大事に至らず、2週間の入院で済みました。

このところ忙しく、
知らず知らずのうちに体に負担がかかっていたようです。

これからは少し健康のことも考え、
皆様に日頃の恩返しができますよう精進いたします。

例文:お見舞いのお礼を送るとき

入院中にはご丁重なお見舞いの品をいただき、
ありがとうございました。

おかげさまで快方に向かい、○月○日無事退院いたしました。

皆様にはご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

心ばかりではございますが、別便で快気内祝いの品を
お送りいたしましたので、ご笑納ください。

退院祝いとは?

前述にも書きましたが、
「退院祝い」は、病気になった方へ周囲の人間が贈るもの。

退院されたときに、身内の人間や友人知人が、
「退院できてよかった」という回復を、お祝いして贈るものです。

また、
入院中にお見舞いを渡せなかった場合、
お見舞いに代えて退院後に贈る品も「退院祝い」と言います。

入院中に、
お見舞い品やお見舞金を渡した場合は、
退院祝いは必要ありません。

退院祝いの相場は?

退院祝いの金額相場は以下の通りです。

◆兄弟姉妹・親族       5,000円~ 10,000円

◆友人知人、職場関係者など  3,000円〜  5,000円

だいたい、
「お見舞いの金額相場と同程度」と覚えておくといいでしょう。

また、退院祝いは高価であればいいというわけではありません。
あまりにも高い品物はお返しの気をつかわせることになるので、
高くても10,000円以内に抑えるのがよいでしょう。

退院祝いを贈るタイミング

退院後、時間が経ってからの「退院祝い」は少々間が悪いもの。

おおむね退院後1週間~1カ月程度までに贈るとよいでしょう。

それ以降で、すっかりお元気になられているようなら「快復祝い」。

自宅療養を続けていらっしゃるなら、
「お見舞い」としてお贈りするとよいでしょう。

退院祝いに添える気持ちが伝わるメッセージの例文

退院した方にとって、退院祝いはとても心の励みになるもの。

もちろん品物だけでも思いは伝わりますが、
メッセージを添えるとより気持ちが伝わります。

職場の方や、友人などに贈る退院祝いにそえる
短いメッセージの例文をご紹介します。

まだ静養が必要な場合の例文

この度は、ご退院おめでとうございます。

ご家族皆様、喜びもひとしおのことと思います。

当面は、ご静養が專一にお過ごしくださいますよう、お祈り申し上げますとともに、一日も早い職場復帰をお待ちしております。

全快した場合の例文

このたびは退院おめでとうございます。

合わせてご家族様にもお祝いを申しあげます。

ご全快を心からお喜び申し上げますとともに、
今後のご健康をお祈りいたします。

まとめ

この記事では、
「快気祝い」「快気内祝い」「退院祝い」「御見舞御礼」の意味の違いや、
渡すときの適切なタイミングやマナー、相場などについてご紹介しました。

相手に気持ちよく贈り物を受け取ってもらうためにも、
「快気祝い」と「退院祝い」との違いや、
マナーをきちんと把握して贈るようにしましょう。

快気祝いや退院祝いの品を贈るときは、例文を参照に
メッセージカードを添えてみられてはいかがでしょうか。

著:田村由美
¥4,909 (2022/10/06 05:00時点 | Amazon調べ)