この記事では、
母の日に使える感謝の言葉とはがきの書き方をご紹介します

娘・息子から「母の日」に、はがきで送る感謝の言葉や
嫁から義母に送る言葉など、はがき作成のご参考にしてください。

多くの方にとって、生まれてはじめて「誰か」のために買った花は、
お母さんのためのカーネーションではないでしょうか。

お小遣いを握りしめて花屋に向かい、
花を選び、そっとそっと大切にもち帰る。

お母さんに「ありがとう」を伝えるための大冒険の日です。

👇

>購入はこちらから出来ます。

お母さんにカーネーションを贈る風習はアメリカで生まれました。
20世紀初頭、ある女性が亡き母の命日である5月9日に教会で、
白いカーネーションをささげたのが起源とされています。

やがてこれが全米に広まり、
当時の大統領が5月の第2日曜日を「母の日」に制定しました。

母の日が日本に伝わったのは、大正時代です。

今のスタイルが定着したのは戦後のこと。
多くの人が知るようになりました。

かつては亡き母には白、存命の母には赤の
カーネーションを贈る風習がありましたが、
現在は好きな色や好きな花を贈るようになっています。

母の日に向けて、準備はお済みでしょうか。

お花や品物はもちろんですが、母の日は感謝の言葉や、
はがきで送る近況報告も素敵なプレゼントになります。

ふだん恥ずかしくてなかなか言えない気持ちを、
この機会にはがきで伝えたいという方も多いようです。

普段伝えられない感謝の気持ちを伝えるチャンスです。

そこで、「母の日」のはがきに使える言葉の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

娘・息子から「母の日」にはがきで送る感謝の言葉

母の日に贈りたいはがきでのメッセージはお決まりでしょうか?

いつも感謝をしていても
気持ちを伝えられていないという人もいるかと思いますが、
年に一度の5月の第2日曜日の母の日は、日頃の想いを送りたいですね。

お花やプレゼントを選んだ理由や、
日頃の気持ちを等身大の言葉で添えると、喜ばれるのではないでしょうか。

ここから注文できます。

👇

母の日に送る感謝の言葉:娘から母へ

今日は母の日です。お母さんの愛に感謝です。

いつも、
私たちを見てくれてありがとう。
産んでくれてありがとう。

育ててくれてありがとう。

お母さんの娘でよかった!

私の今があるのはお母さんのおかげです。
本当に、本当に、ありがとう!

この感謝の想いをはがきに込めます。

体に気を付けていつまでも元気で、
充実した毎日を楽しんでください。

おかあさん私を生んでくれてありがとう。

直接言うのは照れくさいので母の日に、このはがきに想いを込めます。

私はほんとに幸せです。
ここまで育ててくれてありがとう。

お父さんといつまでも仲良くね。
そしていつまでも元気で長生きして下さい。

子育てって本当に大変ですね。

子供を持って初めてお母さんのありがたさがわかるようになりました。

昨日、
街でおかあさんが好きな薄紫色のスカーフを見つけました。
母の日に感謝の気持ちをこめて、心ばかりの品を贈ります。

これからも頼りにしていますので、
良きお手本として私たちを温かく見守ってくださいね。

いつまでも若く美しく、そして元気でいてください。

お母さんへ

母の日に心を込めて。

言葉では言い尽くせないほどの感謝でいっぱい。
だからはがきに想いを書きました。

いつも本当にありがとう!大好き!

この前の母娘旅、楽しかったね。また行こうね!

体に気を付けていつまでも元気で、
充実した毎日を楽しんでください。

お母さんありがとう。

離れて暮らしてみると、
お母さんの有り難みが良く分かります。

これからもよろしくね。

そしていつまでも元気で長生きして下さい。

感謝の気持ちをこめて、心ばかりの品を贈ります。
今年の母の日はピンクのカーネーションを選びました。

これからもまだまだ面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。

母の日に送る感謝の言葉:息子から母へ

おふくろへ。

ずいぶん困らせ、
叱られてばかりいたけれど、今はとても感謝しています。

いつになっても子供だけど、これからもよろしくお願いします。

母の日にカーネーションを贈りました。
本当にいつもありがとう。

お父さんと仲良く、いつまでも元気でいてください。

おふくろありがとう。

いつも口に出してはなかなか言えないけど、感謝しています。

母の日には、
日頃の感謝の気持ちを込めて、心ばかりの品を贈ります。

体調に気を付けて、元気で長生きしてください。
口ではいえないのではがきに書きました。

おふくろいつもありがとう。

嫁から義母へ「母の日」にはがきで送る感謝の言葉

自分のお母さんへのはがきでのメッセージは気軽に書けても、
義理のお母さんへのメッセージは何を書いていいかわからない
という方も多いのではないでしょうか。

義理の母への感謝の言葉のメッセージは、
かたくなりがちですが、なるべく自然な言葉で伝えると良いです。

義理でも「お母さん」は「お母さん」。

やはり、母の日には感謝の気持ちを伝えたいものです

また、
相手の健康を気遣う文言を中に入れるのもいいでしょう。


では、義理のお母さん宛てに使える例文をご紹介します。

母の日に送る感謝の言葉:嫁から義母へ

お母さん、今週末は母の日ですね。

ちょっとしたものですが、
日ごろのお礼に、夏のスカーフをお贈りします。

以前、
ラベンダー色がお好きだとおっしゃっていましたね。
お使いいただければ、うれしく思います。

本当にいつもありがとうございます。感謝しています。

お父さんと仲良く、いつまでもお元気でいてください。

お母さん、

いつも子どもたちの面倒を見てくれてありがとうございます。

お母さんのおかげで安心して仕事ができます。

今日は母の日ですね。
お母さんのお好きな真紅のカーネーションを贈ります。

お父さんにも、どうぞよろしくお伝えください。

至らぬ嫁ですが、
これからも宜しくお願いします。

感謝の心を込めて。

お母さんいつもありがとうございます。

子育てを始めて不安なことばかりで、
いつも教えて頂くことばかりです。
今後も頼りにしています。

日頃の感謝の気持ちを込めて、心ばかりの品を贈りました。

いつもやさしいお母さんに似合うかなと思い、
今年の母の日は淡いピンクのカーネーションを選びました。

これからも元気でいてください。

まとめ

母の日の感謝のことばは、印字されたものやメールより、
手書きのはがきで送ると感動のメッセージになり想いが伝わります。

心を込めて書いた手書きのはがきは、宝物になると思います。

カーネーションなどの花やプレゼントと一緒に
感謝のことばを添えた、はがきを送ってみられたらいかがでしょうか。

また、義理の母へのメッセージを書く際、
自分の母へ書くようにすると気持ちのこもった言葉を書けると思うので、
日常のお礼などを入れつつ心を込めて感謝のはがきを送りましょう。