この記事では、
残暑見舞いはがきを送る時期や、
書き方とマナーについてご紹介します

今年の夏は、各地で様々な災害が発生しています。

線状降水帯が広域で頻発し、
記録的な大雨で各地に豪雨を降らせています。

遠方で暮らしているご家族やご親戚、
ご友人が居住している地域に被害があり、
憂慮している方も多いことと思います。

まだ、今のように通信が発達していなかった頃は、
このように相手を心配する気持ちから暑中見舞いはがきや、
残暑見舞いはがきを送っていたのだと思います。

さて、
今年2022年の立秋は、8月7日(日)〜8月22日(月)です。

暑中見舞いはがきは、
8月7日(立秋)までにお相手に届いている必要があり、
これからの季節の挨拶状は、残暑見舞いはがきとなります。

先方からいただいたのが「暑中見舞い」であっても、
こちらから返事を出すときは「残暑見舞い」とすべき場合もあります。

送る時期を確認する意識を持ちましょう。

この記事では、
残暑見舞いはがきを送る時期や書き方、マナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

残暑見舞い2022年のはがきを送る時期

暑中見舞いは、
7月7日または梅雨明けから、
8月6日(立秋の前日)の期間に届くように送ります。

「立秋(りっしゅう)」は、
季節の指標である「二十四節気」の13番目の節気。

「秋の兆しが見え始める頃」という意味で、
2022年は8月7日(日)〜8月22日(月)です。

暦の上では秋の始まりですが、まだまだ残暑の厳しい時期。

立秋は暑さのピークとされますから、
それ以降にお見舞い状を出す場合は「残暑見舞い」となります。

2022年の残暑見舞いは、
8月7日から8月31日の期間に
相手に届くように送りましょう。

残暑見舞い2022年のはがきの書き方

暑中見舞いはがきには「盛夏」を使うのに対し、
残暑見舞いはがきには「晩夏(もしくは立秋、葉月)」を使用します。


時候の挨拶も、残暑見舞いはがきは、
「残暑お見舞い申し上げます」となります。

また、この時期は体調を崩しやすいことを考慮し、
お相手を気遣う言葉も忘れずに書きましょう。

お相手と共有しているエピソードや、
伝えたい近況なども書くとより丁寧な残暑見舞いのはがきとなります。

残暑見舞い2022年のはがきの宛名の書き方

宛名は、手紙の第一印象に当たるものです。
どんなに内容が良くても表書きが雑であれば好印象になりません。
バランスを考えながら、楷書で丁寧に書きましょう。

  • 切手は左上に貼ります。

  • 住所は郵便番号の右端のラインに揃え、
    上から一文字下げたところから書き始めます。

  • 番地などの数字は、漢数字で書くのがエチケットです。

  • 目上の方や改まった内容の場合は、ビル名やマンション名を略さずに書きましょう。

  • 相手の名前は中央の郵便番号から一文字下げたところから書き始めます。
    住所より大きな文字で書きましょう。
  • 自分の住所と名前は相手の住所と名前より小さめに書きましょう。

  • 自分の住所と名前の末字の高さを揃えると、より美しく見えます。

残暑見舞い2022年のはがきの基本的な構成

残暑見舞いの基本的な構成は次の通りです。

相手によって書き方も違ってきますが、
文面構成の流れに沿うと書きやすいでしょう。

  1. 挨拶
  2. 時候の挨拶からはじまる主文
  3. 結びの挨拶
  4. 日付

残暑見舞いを書く時の挨拶

「残暑お見舞い申し上げます」

目上の人には、「残暑お見舞い」よりも

「残暑お伺い申し上げます」の方がより丁寧です。

残暑お見舞い申し上げます という言葉は、
冒頭に、やや大きめに書きます。

本文より大きめの字で書いて強調すると体裁が良くなります。

句読点は不要です。

時候の挨拶

晩夏の候 立秋の候 残暑の候 残炎の候 新涼の候 等

お相手の安否をたずねる内容

・残暑厳しい折いかがお過ごしですか

・早涼の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます

・晩夏の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

・残暑の候 夏の疲れが出るころですが ご体調はいかがでしょうか

・立秋とは名ばかりの猛暑が続きますが 皆様いかがお過ごしですか

・炎暑が続き本当の秋が待ち遠しい毎日ですが お元気でいらっしゃいますか

・朝夕は暑さが和らぎ過ごしやすくなってまいりました お元気にお過ごしのことと存じます

・台風情報が気になるこの頃ですが 御地のご様子はいかがでしょうか お伺い申し上げます

・暦の上では秋を迎えましたが 猛暑日が続いております お元気でいらっしゃいますでしょうか


自身の近況を伝える内容

・私どもも暑さに負けず元気に暮らしております

・平素はご無沙汰をしまして 申し訳ございません

・おかげさまで 私ども家族一同つつがなく暮らしております

 ・おかげさまで 私ども家族全員 元気に暮らしておりますのでご安心下さい

・その節はお世話になりました
 おかげさまで新しい仕事にもようやく慣れてきたところです

・先日家族で温泉に行って来ました
 久しぶりに のんびりゆったりと過ごすことが出来 体調を取り戻して来ました

先方の無事を祈る文言

・残炎厳しき折
 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

・この暑さはまだまだ続きそうですが
 どうぞご自愛の上お過ごしください

・晩夏とはいえまだまだ暑さが続きそうですが 
 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

・立秋とは名ばかりの暑い日が続きますが
 どうぞお元気で過ごされますよう

・暑さはおさまる気配もございません
 御身大切にお願い申し上げます

・冷夏となりましたが
 かえって体調を崩されませぬようご自愛ください

・酷暑に負けぬよう水分と栄養をしっかりと補給し 
 この夏を乗り切ってください

・まだまだこの暑さが続くようです
 お身体を大切に お健やかに過ごされますようご祈念申し上げます

・夏のお疲れが出るころですので 
 くれぐれもお身体にはご留意ください

・新涼はまだ遠く感じられるこの頃 
 ご無理なさらずお身体おいといください

「お体ご自愛下さい」はNG。
 「自愛」とは身体や健康という意味。


「お体ご自愛ください」と使うと
 完全に重複していますので、「どうぞご自愛くださいますよう」に。

日付を記載します

令和〇年 葉月

日付は「○○年 葉月」や「○○年  晩夏」「○○年  立秋」などを使用します。

詳細な日付は入れず、
年数の下に、暑中見舞いの場合は「盛夏」、
残暑見舞いの場合は「葉月」「晩夏」「立秋」などの言葉を書きます。

*葉月とは・・・陰暦の8月をさします。

*晩夏とは・・・夏の終わりを表す季語です。

*立秋とは・・・暦の上では秋とされる8月7日頃をさします。
       この日を過ぎると「残暑見舞い」となります

文章の中に「拝啓」「敬具」などの頭語、結語は必要ありません。

近況の報告や、お中元などのお礼、暑中見舞いの返礼、転居のお知らせや結婚、
お子様の誕生の報告などを添え書きしても問題ありません。

差出人の住所を記載します


住所、電話番号、氏名、メールアドレス 等
お名前は家族全員のお名前を記載して問題ありません。

残暑見舞い2022年のはがき:喪中の場合は?

喪中に年賀状を控えることは知られていますが、
ご挨拶である暑中見舞いや、残暑見舞いのやり取りは構わないとされています。

自分が喪中の場合、暑中見舞いは出さなくても構いませんが、
いただいたお見舞いには返事を差し上げるようにしましょう。

ただ、不幸があって間もない場合は、
四十九日を避けて残暑見舞いを
出されるといいのではないでしょうか。

残暑見舞いの期間「処暑の候(9月6日頃まで)」が過ぎていた場合は、
通常のはがきとしていただいたお見舞いに返事を差し上げるようにしましょう。

お相手が喪中の場合は、華美なはがきは避けて、おとなしい色柄にするなど、
お相手の気持ちに寄り添う、細やかな心遣いも忘れないようにしたいものです。

残暑見舞い2022年のはがき:時期が過ぎた場合は?

「処暑の候(9月6日頃まで)」を過ぎて送る場合は、
通常のはがきとして出します。

秋の気配が感じられる時期ですので、
「秋晴れの候」「秋冷の候」といった、時期に合った季節のあいさつからはじめ、
「先日はご丁寧な残暑見舞いをありがとうございました」など、受け取った
見舞い状のお礼の言葉を続けて書くとよいでしょう。

そのあとに、
返事が遅れた理由やお詫びの言葉を盛り込み、
相手に不快な思いをさせない心配りが大切です。

残暑見舞い2022年のはがき:例文

暑中見舞い・残暑見舞いは、
年賀状に比べると自由な表現が許されます。

冒頭の「残暑お見舞い申し上げます」など、
暑さを見舞う趣旨を守れば、様々なお知らせを兼ねることもできます。

たとえば、
引っ越し、転勤、結婚、出産など、
一度に多くの方に報告したい書状に便利です。

ただし、
暑中・残暑見舞いに合わせることで、
時期はずれの報告にならないように!

残暑見舞い2022年のはがき挨拶文:一般

残暑お見舞い申し上げます

立秋とはいえ
連日の猛暑にいささか参っておりますが 
皆さまはいかがお過ごしでしょうか

本物の秋が待ち遠しい今日この頃
私どもは、近くの温泉へ出かける予定です

県外へはまだまだ出かけることを控えていますが
来年はご一緒できるといいですね

残暑厳しき折
皆様どうぞご自愛くださいますよう
お願い申し上げます

令和◯◯年 立秋

FRONTIA 楽天市場店
¥220 (2022/08/05 20:23時点 | 楽天市場調べ)

残暑見舞い2022年のはがき挨拶文:お中元のお礼を兼ねて出す場合

残暑お見舞い申し上げます

毎日暑い日が続いておりますが
お変わりなくお過ごしでしょうか

このたびはご丁寧なお心づかいをいただき
本当にありがとうございました

こちらではなかなか口にすることができない夕張メロンの
高級アイスクリームに子供達も大喜びです

奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ

令和◯◯年 晩夏

残暑見舞い2022年のはがき挨拶文:引越

立秋を迎えましたがまだまだ暑い日が続いています
皆様いかがお過ごしでしょうか

この度〇月〇日に転居しましたのでお知らせいたします

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください


時節柄くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

令和◯◯年 葉月

残暑見舞い2022年のはがき挨拶文:結婚

立秋とはいえ日中の暑さ厳しい折柄いかがお過ごしでしょうか

私たち二人〇月〇日籍を入れ新たな人生をスタートしました

これからは二人で力を合わせ
明るい家庭を築いていきたいと思います

今後も変わらぬご指導と末永いお付き合いのほどお願い申し上げます

時節柄くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

令和◯◯年 立秋

残暑見舞い2022年のはがき挨拶文:誕生

夏もだんだんと終わりに近づいてまいりましたが
皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます

〇月〇日我が家に長女の○○が誕生しました

日々元気いっぱいに成長しています

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください

時節柄くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

令和◯◯年 晩夏

残暑見舞い2022年のはがき挨拶文(いただいた暑中見舞いの返事)

例文1(いただいた暑中見舞いへの返事として)

残暑お見舞い申し上げます

真夏日が続いていますが、お変わりはありませんか

お心のこもった暑中見舞いをいただき
とても嬉しく拝見しました

こちらも おかげさまで
リモートワークで仕事に邁進しております

時世柄、なかなかお会いできませんが
落ち着いたらまた美味しいものを食べ行きたいですね

夏の疲れが出やすいこの頃
どうぞお身体ご自愛ください

またお会いできる日を楽しみにしております

令和○年 葉月

例文2(いただいた暑中見舞いへの返事として)

残暑見舞い申し上げます

暦の上では秋になったとはいえ
まだまだ暑い日が続いています

みなさま お元気でいらっしゃいますか

先だっては旅先からの見舞い状をありがとうございます

思い出してくださり たいへん嬉しかったです

この時節どこにも行くことができないので
家族みんなでいただいた風景画を楽しみました

変わらぬ お気遣い感謝いたします

みなさまお身体に気をつけてお過ごしください

令和○年 立秋

例文3(いただいた暑中見舞いへの返事として)

残暑厳しい折 いかがお過ごしでしょうか

暦の上では秋が訪れる頃となりました

ご丁寧なお見舞い状を頂戴しお礼を申し上げます

晩夏とはいえまだまだ暑さが続きそうですが
くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます

令和○年 晩夏

例文4(いただいた暑中見舞いへの返事として)

残暑お見舞い申し上げます

朝夕には秋風が感じられるようになってまいりました

お見舞い状をいただき誠に恐縮に存じます

ニュースでは相変わらず記録更新の暑さを伝えております

まだしばらくは暑さも続くようですが
お体大切にお過ごしくださいますようお祈りしております

令和○年 葉月

例文5(いただいた暑中見舞いへの返事として)

残暑お見舞い申し上げます

暑さ厳しく、また忙しい中
暑中お見舞いをありがとうございました

夏休み中のお子様達の元気な様子
微笑ましく見させていただきました

この暑さも、もうしばらくの辛抱です

お体に気をつけて夏季休暇をご家族で楽しんでください

残暑厳しき折
どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます


令和○年 立秋

残暑お見舞いの文の中にコロナ禍の言葉を盛り込みたい場合

暑さだけでなく感染予防への配慮が欠かせない日々が
まだまだ続いておりますが 皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか

コロナの状況が落ち着き 感染への不安の日々がなくなり 
気兼ねなく会える日が一日も早くお訪れることを願っています

まだまだコロナウイルスに対する配慮が欠かせない日々が
続いておりますが お互い健康に気をつけて過ごしましょう

時節柄 思うように会えず残念ですが お互い体調に気をつけて
自分のできることを精一杯やり「第7波」を乗り越えましょう

これからもコロナウイルスへの注意が欠かせない日々が
続くとは思いますが 皆様のご健康を心よりお祈り致します

今年のお盆は 帰省もままならず お目にかかれないのが残念ですが
来年のお正月には 家族揃って帰省出来ることを願っています

2年以上続くこのコロナ禍で 暮らしの変化を余儀なくされ
〇〇様のお仕事も影響が受けられたのではと 皆で心配しております
何か出来ることがありましたら 遠慮なくおっしゃってくださいませ

コロナだけでなく暑さへの配慮も欠かせませんが
皆さま何卒ご自愛のほどお願い申し上げます

コロナウイルスの影響が収まらない日々がまだ続いておりますが
〇〇様におかれましてはご健康に充分に留意され
ご自愛くださるよう心よりお祈りしております

残暑のみならずコロナ禍中で落ち着かない日々が続いております
くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます

何かと先を見通しづらい状況が続いております
時節柄くれぐれもお体にご留意なされ
さらにご活躍されますことを祈念申し上げます

時節柄 思うようにお目にかかることができませんが
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます

暑さとともにコロナ禍中で落ち着かない日々が続いております
皆々様 くれぐれもご自愛くださいませ

まとめ


この記事では、
2022年の残暑見舞いはがきの送る時期や、
書き方とマナーについてご紹介しました。

普段なかなか会えない方やお世話になった方へ。

「健康を気遣い元気でいてほしい」という気持ちを
伝えるために、残暑見舞いはがきを送ってみてはいかがでしょうか?