印刷された年賀状でもたった一行、手書きの
添え書きがあるだけで本当に気持ちが暖かくなりますよね。       

送り先にあわせて心のこもった、
ひと言の添え書きをするだけで、
相手への印象もぐっと良くなります。

年賀状だけの連絡になっている親戚や知人・友人へ、
新年の挨拶とともに、近況報告や家族の様子など、
添え書きで伝えて見られるのもいいですね。

日頃の感謝の気持ちや、お世話になっているお礼も
ぜひ、ひとこと添えてみられたらいかがでしょうか。

この記事では、広く使える年賀状の添え書きの例文を紹介します。

スポンサーリンク

年賀状に添える添え書きはどんな内容がよい?

賀詞や添え書きが、あらかじめ印刷されたデザインの場合、
印刷されている文章と内容が重複しないよう注意しましょう。

年賀状にすでに、
「本年もよろしくお願いします」と印刷されたものに
「今年もよろしく!」と書き添えても、あまりよい印象は与えませんね。

年賀状の添え書きに、何を書こうか悩んでしまいがちな人は、
印刷してある文章が少なめのテンプレートを選ぶのも一案です。

年賀状の裏面を作るとき気をつけたいポイント

年賀状を送る相手に合わせたメッセージの添え書きが手書きで、
ひと言書かれていると受け取った相手もうれしくなります。

年賀状を送る相手に合わせた添え書きのメッセージを

年賀状に書く、近況報告や相手への質問、感謝の言葉など、
相手が読んで楽しくなるメッセージをひと言添えましょう。

もし、書くことが、特別に何もなくても
仕事や趣味など、何気ない日常のことを書きましょう。

添え書きに
「変わらず元気に暮らしていること」を
知らせる文を書いて出すだけで相手には喜ばれるはずです。

年賀状には暗い話題やデリケートな内容は避ける

年賀状では、
病気やケガ、亡くなった方のことなど、暗い話題は控えましょう。

また、
「彼との結婚話はどうなりましたか」
「赤ちゃんを楽しみにしています」など結婚や出産の話題は、
相手がプレッシャーに感じる場合もあるので注意が必要です。

年賀状は相手の家族も読むことを考える

メールと違い、年賀状は送った本人以外の目に触れる機会があります。

過去の恋人のことや仕事上のミスなど、
相手が家族に知られたくないようなことや、
相手の家族が見て不快になる話題は書かないように気をつけましょう。

年賀状の賀詞・添え書きには「、」「。」を使わない

もともと句読点は、
「子どもが読みやすいように」と使われ始めた記号であるため、
相手に敬意を示す挨拶状や賞状で用いることは失礼にあたります。

また、
慶事に「区切りをつけない」という縁起を担ぐ意味もあるそうです。

年賀状では「忌み言葉」は避ける

「去年」の「去」には、
「別れる」「離れる」といった意味があるため、
年賀状では「旧年」「昨年」を用いるようにしましょう。

また、「失う」「倒れる」「衰える」「枯れる」などの
「忌み言葉」や、「離婚」「倒産」「病気」「絶望」など
おめでたい場にふさわしくない話題は避けましょう。

年賀状では言葉の重複は避ける

年賀状に書く、元旦は1月1日の朝のことです。
「2020年1月1日元旦」では重複していますので間違いです。

また
「新年あけましておめでとうございます」は、
「新年」と「明ける」が重複しているので使わないようにしましょう。

年賀状のひと言添え書き例文集

例文:目上の方向け添え書き

・昨年は何かとお世話になりありがとうございました
 本年もどうぞよろしくお願いいたします

・健やかに新春をお迎えのことと存じます
 本年も変わらぬお付き合いをお願いいたします

・幸多き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます
 本年もよろしくお願いいたします

・旧年中に賜りましたご芳情に深謝し
 本年も相変わらぬご厚誼を願い上げます

・ご無沙汰を深謝しご家族皆様のご活躍をお祈りいたします
 本年も良き年でありますよう心よりお祈り申し上げます

・先生におかれましてはお変わりなく
 ご壮健のこととお慶び申し上げます

例文:親戚向け添え書き

・新春のご挨拶とともに平素の疎遠をお詫び申し上げます
 本年も何卒よろしくお願いいたします

・皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
 昨年は大変お世話になりありがとうございました

・おかげさまで家族一同無事新年を迎えることができました
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

例文:誰にでも使える添え書き

・楽しいお正月をお迎えでしょうか
 お変わりありませんか

・旧年中は大変お世話になりました
 本年も変わらぬおつきあいをどうぞよろしくお願いします

・皆様のご多幸とご健康をお祈りいたします
 心豊かな一年になりますように

・本年も良い年でありますようにお祈り申し上げます
 幸多き一年となりますように

例文:上司・先輩向け添え書き

・昨年は格別のご指導を賜り 厚くお礼を申し上げます
 旧年は温かくご指導くださり 誠にありがとうございました

・〇〇プロジェクトでは大変お世話になりました
 さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です

・今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます

例文:部下・後輩向け添え書き

・着実に成果を上げていて頼もしい限りです

・仕事への姿勢に感動しました

・さらなる成長を期待しています

例文:同僚向け添え書き

・今年も共にがんばりましょう

・本年も新たな気持ちでがんばりましょう

・共に飛躍の年にしましょう

例文:友人向け添え書き

・毎年 賀状の家族写真を楽しみにしています 

 ・今年も切磋琢磨してがんばりましょう

・新年会で会えるのを楽しみにしています

例文:親族・祖父母向け添え書き

・おかげさまで家族一同元気に新年を迎えております

・今年はぜひ家族そろってお伺いしたいと思っております

・ご無沙汰しておりますが お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか

例文:恩師向け添え書き

・〇〇先生のご健康をお祈りいたします 

・同窓会でお目にかかるのを楽しみにしております

・ご無沙汰しておりますが お元気でご活躍のことと思います

例文:取引先・お得意様・顧客向け添え書き

・本年も変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます

・御社のご繁栄と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

・本年も社員一同さらなる努力をもって
 皆様のお役に立てるよう頑張る所存です

まとめ

年に一度の年賀状は、貴重なコミュニケーションツールです。

日ごろからお世話になっている人や友人、親戚などに、
相手の顔を思い浮かべながら、心を込めたメッセージを
ひとこと書き添えて、相手に喜ばれる年賀状を送りましょう。