親しい人に使える、8月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

8月は、立秋が過ぎれば、
朝夕には爽やかな風が吹き始める季節です。

8月の和風月名は「葉月」。

葉月の由来や語源には諸説があります。

葉が赤や黄色に美しく色づき始めるので「はづき」。
8月は、稲穂が実る時期だから「稲張り月(ほはりづき)」。

他には、
落葉が始まる時期であることから「葉落ち月」が、
短縮され「葉月」になったという説もあります。

8月は、
まだまだ連日の猛暑で、クーラーが手放せませんが、
二十四節気の「処暑(しょしょ)」も過ぎ、朝夕もしだいに
冷気が加わり始め、少しずつ夏の終わりを感じさせる季節。

8月に送るはがきには、
残暑の中でもめげずに咲いている8月の花や、
季語を使用して出してみられたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

8月の時候の挨拶

・立秋とは名のみの厳しい残暑が続いております。

・残暑厳しき折から、皆様いかがお過ごしでしょうか。

・ようやく残炎の頃となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

・残暑がいっそう身にこたえる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

・蝉時雨の降りそそぐ夏の盛りとなりましたが、
お変わりございませんか。

8月の時候の挨拶:結び

・残暑厳しき折、
 くれぐれもご無理をならさず、お身体をおいといください。

・連日の炎暑でお疲れを出されませんよう、くれぐれもご用心ください。

・立秋を過ぎたとはいえ、暑さはいましばらく続きます。ご自愛専一に。

・秋の足音を間近に感じる季節、
 ますますのご活躍をお祈りいたしております。

・この残暑を乗り越えて、
 実り多き秋を迎えられますようお祈りいたします。

8月の花(鷺草・縷紅草・百日草)を使ったはがきの時候の挨拶

8月の異名には、
「秋風月(あきかぜつき)」・「雁来月(かりくづき)」、
「燕去月(つばめさりづき)」といろいろな呼び名があります。

8月は、秋の気配を感じながら、先祖を迎え、送る月。

お盆が過ぎれば、涼しい風が吹きはじめます。そんな8月に咲いている、
「鷺草(さぎそう)」や「縷紅草(るこうそう)」・「百日草(ひゃくにちそう)」。

今回は、
これらの8月に咲く花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

鷺草(さぎそう)を使った8月のはがきの時候の挨拶

鷺草(さぎそう)は、白鷺(しろさぎ)の広げた翼と、
尾のように見える姿からこの名前があります。

開花時期:7月~8月。

鷺草(さぎそう)の繊細で美しい姿は、根強い人気があり、
鉢植えなどで数種の園芸品種が栽培されています。

江戸時代前期には、すでに栽培されていました。

兵庫県姫路市でも、
姫路城(別名白鷺城)にちなんで、市の花になっています。

鷺草(さぎそう)は、まさしく空を舞う、
白鷺(しろさぎ)の姿を彷彿(ほうふつ)させます。

白い清々しい色は、夏の暑さを忘れさせてくれる花です。

鷺草(さぎそう)の花言葉

・「芯の強さ」「夢であなたを想う」

鷺草(さぎそう)の俳句

・風が吹き鷺草の皆飛ぶが如 (高浜虚子)

・鷺草のおくれ咲きしも翔けそろふ (水原秋櫻子)

・鷺草に一指の影のゆれやすし (原 裕)

鷺草(さぎそう)を使った8月の時候のはがきの挨拶文例

・蝉時雨(せみしぐれ)の降りそそぐ、
夏の盛りとなりましたが、お元気でいらっしゃいますか?

先日は、
鷺草(さぎそう)の鉢植えをありがとうございました。

早速、玄関の下駄箱の上に飾らせていただいています。

まさに白鷺(しらさぎ)が飛んでいるようです。

自然はどうして、
こんなにも不思議な美しい形を作るのでしょう。

ほんとうに素敵な命名ですね。

小さな小さな、
純白のこの鷺(さぎ)の花は、
一度見ると忘れられない姿の花です。

手元で育ててみたいと、
ずっと思っていたので本当に嬉しいです。

ありがとうございました。

8月のまだまだ残暑厳しき折、
くれぐれもご無理をならさず、お身体をおいといください。

また、お会い出来る日を楽しみにしています。

縷紅草(るこうそう)の花を使った8月の時候のはがきの挨拶

縷紅草(るこうそう)は、
熱帯アメリカ原産のつる性の一年草です。

日本には江戸時代の初めに渡来。

開花時期:6~8月後半。

左巻きのつるを他物に巻きつけて長く伸び、
小さなラッパ状の星型の花をつけます。

当時は「カボチャアサガオ」と言われていました。

現色に近い鮮やかな赤色の花は、
朝顔をずっと南国的にした感じです。

縷紅草(るこうそう)の花言葉

・「元気」「常に愛らしい」

縷紅草(るこうそう)の花の俳句

・子規墓に蒔かばやと思ふ縷紅草 (高浜虚子)

・看護婦と茶飯ばなしや縷紅草 (石田波郷)

・縷紅草垣にはづれて吹かれ居り (津田清子)

縷紅草(るこうそう)の花を使った8月の時候の挨拶:例文

8月の湧きたつ入道雲に夕立を待ちわびるこの頃、
お健やかにお過ごしでしょうか?

私どもも、
お陰様で毎日元気に暮らしておりますので、ご安心くださいませ。

柿の木につるを絡ませて、縷紅草(るこうそう)が咲いていました。

花は小さいのですが、
その紅色の鮮やかさは、どきりとするほどです。

繊細な葉も涼しげで、夏の暑さをしばし忘れさせてくれます。

晩夏とはいえ、まだ当分この暑さは続きそうです。

連日の炎暑でお疲れを出されませんよう、
くれぐれもご用心ください。

百日草(ひゅくにちそう)の花を使った8月のはがきの時候の挨拶

百日草は、メキシコ原産。

長い間咲くので「百日草」。

性質が強く育てやすいのと、
初夏から秋にかけて長く花が楽しめるので人気があります。

花の色も、紅、紫、赤、黄、白、オレンジなど多彩。

一重咲きのほか八重咲きポンポン咲きもあります。

ブラジルでは幸福を招く花として、
カーニバルには、欠かせない陽気な花です。

最近では「ジニア」の名前で、
いろいろな種類が出回るようになりました。

英名は「ユース・アン・オールド・エイジ」

日本には文久2年以前に
アメリカから伝わったと考えられています。

百日草(ひゃくにちそう)の花言葉

・「友への思い」「いつまでも変わらぬ心」

百日草(ひゃくにちそう)の俳句

・百日草ごうごう海は鳴るばかり (三橋鷹女)

・百日草がんこにがんこに住んでいる (坪内稔典)

・百日草蕊よごれたり凡詩人 (草間時彦)

百日草(ひゃくにちそう)の花を使った8月の時候の挨拶:例文

立秋とは申せ、厳しい暑さが続いておりますが、
皆様方にはお健やかにお過ごしのことと存じます。

昨日は、久しぶりに小鯖小学校に行って来ました。

花壇に百日草の花が、
白、赤、黄、赤など色とりどりに、元気に咲いていました。

百日草は、
青を除くほとんど、あらゆる色があるとのこと。

日本では、供花のイメージが強い百日草。

でも、ブラジルでは幸福を招くとして、
カーニバルには欠かせない陽気な花です。

まだまだ、暑い日が続きますが、ときにはゆるりと力を抜いて
心を、ほどくことも忘れずに、お元気にお過ごしくださいませ。

まとめ

ちょっとお久しぶりな、
あの人やこの人。

遠方で暮らす友達や親戚に・・・。

残暑を気遣うはがきを書いてみられませんか?

はがきを書くときは、
8月ならではの季語や花を使ってみられたらいかがでしょうか?

avatar
よっちゃん
他の月の「親しい人に出すはがきの挨拶と結び」の記事一覧です。

1月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・2月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・3月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・4月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・5月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・6月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・7月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

9月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・10月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・11月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・12月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び