親しい人に使える、
4月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

4月は、花盛りの春。

たくさんの花が美しく咲き誇る季節です。

春の香りは梅に始まり、桜、沈丁花、水仙、
フリージア、スイートピーそしてライラック・・・。

4月は、みずみずしく、清らかな早春の香りから、
次第に、甘さや濃厚さを加えて夏へと移っていく季節です。

4月に送るはがきには、
明るく輝く季節を感じさせる時候の挨拶を
使用してみられたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

4月の時候の挨拶

・桜花満開の好季節がやってまいりました。お変わりございませんか。

・春爛漫の好季節、お健やかにお過ごしのことでございましょう。

・桜の樹下を花衣の人々が行き交う、うるわしい春の日となりました。

・花祭りの時期となりましたが、つつがなくお過ごしでしょうか。

・春宵一刻価千金の頃となり、
ますますご壮健にてお過ごしのことと存じます。

4月の時候の挨拶:結び

・春暖のみぎり、お元気にてご活躍ください。

・春光あまねく満ちわたる季節、皆様のご多幸をお祈りいたします。

・日々暖かくなりますが、皆様お身体にはお気をつけください。

・天候不順の時節柄、
 ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。

・花冷えのする折から、油断されませんようお身体にご留意ください。

・新年度に入り、なにかとお忙しい毎日でしょうが、ご自愛専一に。

・急に寒さのもどることもございます。
 お身体を大切になさってください。

4月の花(菫・木瓜・雪柳)を使ったはがきの時候の挨拶

風の3月、雨降る4月。と、いわれるように、
春の空は定まりにくく、雨が多い時期でもあります。

その雨が、地をうるおして、野辺の緑を伸ばしていく。

そんな4月に咲いている、
「菫(すみれ)」や「木瓜(ぼけ)」・「雪柳(ゆきやなぎ)」の花。

今回は、これらの4月に咲く
花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

菫(すみれ)の花を使った4月のはがきの時候の挨拶

スミレ属の植物は世界に450種。

日本にも約60種が自生。

日当たりの良い草地や林の中などには、
ヒメスミレ、ノジスミレ、アケボノスミレ、などがあります。

日陰にはエイザンスミレ、ヒカゲスミレなど。

唇弁の形が、
大工道具の「墨入れ」に似ているので「スミレ」になったとも。

開花時期:4月~5月。

日本では楚々とした野草として愛されている菫(すみれ)。

西洋ではバラ、ユリと並ぶ特別な花で、
「天使がひそかに与えるように花開く」
可憐な花を誠実、純真の象徴としています。

菫(すみれ)の花言葉

・「信頼」「誠実な愛」

菫(すみれ)の俳句

・山路きて何やらゆかしすみれ草 (芭蕉)

・鼻紙を敷いて座れば菫かな (一茶)

・菫程な小さき人に生まれたし (夏目漱石)

菫(すみれ)の花を使った4月の時候のはがきの挨拶:例文

我が家の狭い庭の日だまりに、
今年も菫(すみれ)が可愛い花をつけはじめました。

春の足音が聞こえてくるようで、わくわくします。

菫の種が飛び散ってどんどん増えて、楽しみです。

ご家族の皆々様におかれましては、
お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

私もお陰様で家族一同、
無事息災に暮らしておりますのでご安心くださいませ。

今年の4月は雨が多いですね。

「4月は、菫の花を撒き散らす。」
というフランスの詩句がありましたが、
煙るような雨が菫を濡らしています。

花冷えの季節です。

お風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。
皆々様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。

木瓜(ぼけ)の花を使った4月の時候のはがきの挨拶

木瓜(ぼけ)は、中国原産。

日本には平安時代に渡来。

朱紅色の緋木瓜(ひぼけ)。純白の白木瓜(しろぼけ)。
また紅と白とが混じった更紗木瓜(さらさぼけ)。など
さまざまな美しさを見せてくれます。

開花時期: 3月~4月(春咲き)

春に先駆けて咲き、
鮮やかな花色で心を彩ってくれる木瓜の花。

「熱情」の花言葉は、緋色(ひいろ)の花色からでしょうか?

木瓜(ぼけ)の花言葉

・「情熱」「先駆者」

木瓜(ぼけ)の花の俳句


・初旅や木瓜もうれしき物の数 (正岡子規)

・浮雲の影あまた過ぎ木瓜ひらく (水原秋櫻子)

・更紗木瓜透かしてさらに更紗木瓜 (永井東門居)

木瓜(ぼけ)の花を使った4月の時候のはがきの挨拶:例文

雨に濡れた新緑のますます鮮やかな今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか?

春咲きの木瓜(ぼけ)の花が今年も咲き始めました。

「木瓜(ぼけ)は、瓜(うり)に似ている果実が実るため。」
木になる瓜(うり)で「木瓜(もっけ)」と呼ばれていたのが、
訛(なま)ってボケになったとのこと。

織田信長の家紋にも使われています。

花言葉は「先駆者」。

叔母様も新年度に入り、
なにかとお忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。

どうぞ、ご無理をなさいませんように、
お身体を大切になさってください。

雪柳(ゆきやなぎ)を使った4月のはがきの時候の挨拶

雪柳(ゆきやなぎ)は、中国原産。

開花時期:3月~4月

柳のような細い葉と垂(た)れ下がる枝から
雪柳(ゆきやなぎ)の名がつきました。

夜目にも鮮やかに、降りかかる雪のように咲く白い雪柳。

米粒のような五弁の花から
「小米桜(こごめざくら)。」という別名もあります。

雪柳(ゆきやなぎ)の花言葉

・「殊勝」 「恥じらい」

雪柳(ゆきやなぎ)の俳句

・たえず風やり過ごしをり雪柳 (高木晴子)

・月うるむ地にただようて雪柳 (石原八束)

・雪柳夜には夜の白さあり (五十嵐播水)

雪柳(ゆきやなぎ)を使った4月の時候のはがきの挨拶:例文

花祭りの時期となりましたが、つつがなくお過ごしでしょうか。

我が家の庭のそこここで、四方にしなやかな枝を伸ばし、
雪のように白く咲く、雪柳が咲きはじめました。

可憐で清楚な花は、私の心を癒やしてくれています。

4月は、花々の香りに心も浮き立つ時期です。
油断されませんようお身体ご留意くださいませ。

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

まとめ

4月は、
香り高い水仙、桜や雪柳、スミレなど
個性豊かな花いっぱいの季節です。

はがきを書くときは、4月ならではの季語や花を使った
趣のあるはがきを届けてみられたらいかがでしょうか?

avatar
よっちゃん
他の月の「親しい人に出すはがきの挨拶と結び」の記事一覧です。

1月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・2月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・3月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・5月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・6月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・7月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・8月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

9月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・10月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・11月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・12月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び