親しい人に使える、3月に咲く花を使ったはがきの書き方です。

3月は、
吹き抜ける風に春の気配が、ほんのりとただよい始める季節。

生命が動き出す春になりました。

可愛いグリーンの木の芽に、虫や動物も目を覚ます時期。

そんな3月にぴったりの花や季語を使用した
はがきを書かれてみられたらいかがでしょうか?

スポンサーリンク

3月の時候の挨拶

・日だまりにはもう草の芽が萌えたつ季節となりました。

・桃の節句も過ぎ、うららかな春の日が続いております。

・日ごとに暖かさを増し、風の色も春めいてまいりました。

・芳しい沈丁花の香りに、早くも春の到来を感じております。

・お雛祭りをお迎えになり、ますますお子様のお健やかな
 ご成長が楽しみなことでございましょう。

3月の時候の挨拶:結び

・春の日差しのもと、お健やかな日々をお過ごしください。

・春光を受けて、ますますのご発展をお祈りしております。

・天も地も躍動の季節、さらなるご活躍をお祈りいたします。

・春風とともに、皆様にお幸せが訪れますようお祈りいたします。

・四月からの新生活、元気にがんばってください。
 でも、あまりご無理なさいませんようご自愛くださいませ。

3月の花(ミモザ・クロッカス・蓮華草)を使ったはがきの時候の挨拶

3月は「弥生」。

ますます栄えることから、
いよいよ、あまねく満ちることを弥栄「いやさか」といいます。
弥生(やよい)は、草木がいよいよ生い茂る「いやおい」の月。

弥生はまさに春爛漫。

そんな晩春に咲いている、
「ミモザ」や「クロッカス」・「蓮華草(れんげそう)」。

今回は、
これらの3月に咲く花を使ったはがきの書き方をご紹介します。

ミモザの花を使った3月のはがきの時候の挨拶

明るいイエローが鮮やかに春を告げる、ミモザの花。

花期は2月~3月。

小さなポンポンが集まったように咲く、
可愛らしい姿のミモザの花。

3月8日の、
「国際女性デー」で女性に贈られる花でもあります。

ミモザの花言葉

・「優雅」「秘密の恋」「思いやり」

ミモザの俳句

・逢ふたびのミモザの花の遠げむり (後藤比奈夫)

・ミモザ咲く海風春をうながせば (富安風生)

・野外劇はじまるミモザ降る下に (星野立子)

ミモザの花を使った3月の時候のはがきの挨拶:例文

ミモザの花が青い空に美しく映えています。

3月、暖かい明るい日差しが戻ってまいりました。

この季節になると、ミモザの黄色い花が青い空に映え、
黄色と青のコントラストにますます暖かさを感じます。

これからの季節、
多くの植物が日の暖かさを受け美しく花開きます。

3月は、心が踊る季節の到来です。

お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

私もお陰様で家族一同、
平穏に暮らしておりますのでご安心くださいませ。

花どきは気候不順と申します。

いっそうご自愛くださいますようお願い申し上げます。

クロッカスを使った3月の時候のはがきの挨拶

クロッカスには、春咲きと秋咲きがあります。

園芸で
「クロッカス」とよばれるのは春咲きのもの。

秋咲きは「サフラン」とよびます。

イギリスでは、
「聖バレンタインの花」と呼んでいます。

3月の日の当たる場所で、
日の差している時に咲く、明るいイメージの花です。

クロッカスの花言葉

・「良い知らせ」「私を信じてください」

クロッカスの俳句

・日が射してもうクロッカス咲く時分(高野素十)

・髭に似ておどけ細葉のクロッカス (上村占魚)

・大地割れ彩の出だしはクロッカス (小路智壽子)

クロッカスの花を使った3月の時候のはがきの挨拶:例文

桃の節句も過ぎ、うららかな春の日が続いています。
浩子様、お変わりなくお過ごしですか?

今日、近所の公園を歩いていると、クロッカスの花が、
春を待ちきれないように、土から茎を伸ばして咲いていました。

自然はどうやって「春」を感じるのでしょうね?

不思議でなりません。

春咲きの「クロッカス」と、秋咲きの「サフラン」は
同じアヤメ科の仲間同士だと、最近知りました。

3月の風もなく、
こぼれるような日だまりの中で
静かにクロッカスを眺めるこの幸せな時間・・・。

春は春の楽しみがあり、
夏にも秋にも寒い冬だって楽しみがあります。

3月も、はや一週間が過ぎました。

春を充分に満喫して、春の楽しみをみつけて
春の良き日々をゆったりとお過ごしくださいませ。

4月からの新生活、元気に頑張ってくださいね。
でも、あまりご無理なさいませんように。

蓮華草(れんげそう)を使った3月のはがきの時候の挨拶

蓮華草(れんげそう)は、中国原産。

小さな花が車輪状に並んでいる姿が、
蓮の花に似ているところから蓮華草の名前がつきました。

蓮華草(れんげそう)の花は、
別名「ゲンゲ」とも呼ばれています。

花期:3月~6月。

茎1.5センチほどの紅紫色の小花を咲かせます。

かつては菜の花などと共に、
日本の春の農村風景を彩る代表的な植物でした。

蓮華草(れんげそう)の花言葉

・「幸福」 「私の苦痛を和らげる」

蓮華草(れんげそう)の俳句

・げんげ田のうつくしき旅つづけけり (久保田万太郎)

・げんげ田や花咲く前の深みどり (五十崎故郷)

・げんげ田を見尽くし遍路万願寺 (山口誓子)

蓮華草(れんげそう)を使った3月の時候のはがきの挨拶:例文

蓮華草(れんげそう)が、
田んぼ一面に生える季節になりました。

子供の頃、
一面に広がる蓮華草のピンクのカーペットの中で、
頭に蓮華の花の王冠を付けて一日中遊んだものです。

今の子供は、そんな遊び方も知らないでしょうね。

昔は、この蓮華草を
田んぼにすき込む肥料として植えていました。

でも、最近では化学肥料利用が多くなり、
れんげ畑も少なくなってしまいました。

時代の移り変わりを感じます。

お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

3月は、ひと雨ごとに木々の若芽が伸び、
春の香りが心地良く感じる季節です。

花どきは、気候不順と申します。

どうぞ、お身体おいといくださいまして、
春の良き日々を、どうぞ楽しくお過ごしくださいませ。

今日も、あなたの幸せを、心からお祈りしております。

まとめ

3月は、いよいよ春本番。

古くから伝わる花便りに、
「二十四番(にじゅうしばん)花信風」と呼ばれるのがあります。

花信風(かしんふう)とは開花を告げる風。

なんとも風雅な言葉ですね。

3月ならではの花の便りを乗せて、
趣のあるはがきを届けてみられたらいかがでしょうか?

avatar
よっちゃん
他の月の「親しい人に出すはがきの挨拶と結び」の記事一覧です。

1月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・2月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・4月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・5月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・6月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・7月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・8月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

9月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・10月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・11月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び

・12月の親しい人に出すはがきの挨拶と結び